スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やはり今日も暑かった。
お盆の夏休みいかがお過ごしでしょうか?
太陽を観ると、外へ出かける勇気がないうっかりです。
必然的にヒッキー一直線。
テキストを朦朧(こんな字普通に書けない)とやってみるけど
ちっとも進まないのである。

昨日の九州国立博物館の自分お土産自慢をするつもりが
求めたモノは、欲しかったモノでなかったので、ガックリ自慢に変更だ。

ガックリ自慢の品は、「偽赤貝化石」。
本物の恐竜・魚・貝殻・動物の化石が
一つ埋まっているキット(9種類ある)を購入した。
それには、おもちゃのシャベルと刷毛が付属され、
メインの化石は硬い砂(?)みたいなのの中に入っているので
“がんばって掘りまっしょい♪”と
ディグ・ディグするモノなのであります。
外側からでは、中身の判断ができなくなっている。

が、貧乏性で小心者の私は選びに選んだ。
まず5回は持ち上げては
“これは地味な貝殻のように思える”とか
         “あ〜〜〜重さが貝殻だな”とか
   “透視によると貝殻の色は茶色?では”とか

「何が入っているか、わからないけど、貝殻は欲しくない!」の
旗を心に掲げて「貝殻以外を選ぼうね」キャンペーン実施中であった。

カンがいい方はこの辺りでおわかりであろう。

ええ、出てきたものは「貝殻」でした。

しかも、もしかしたらその辺を歩いていたら見つかるんじゃないの?
なんて疑ってしまうくらいの「小さな赤貝」っぽい貝殻の化石。
昨夜は掘り出した途端、
  “いや、化石だから”
    “本物なんだし”
       “みんな欲しがるかも…”と、自分を叱咤激励したけど
   持ち歩いて自慢できるような気分になれなかった。

あまりに面白いキットだったので、
勝手に知り合いになったと思っているセミさんへ
“偽考古学キットのおもちゃ買いました!”と内容の説明をすると
“それは古生物学では?”と、やはりそっとささやかれ飛び立っていかれた。

20080812

偽赤貝はお怒りである。
スポンサーサイト


  
コメント

 はじめまして!「ささやき蝉」さんの所より参りました碧水庵と申します。

 砂の塊を木のシャベルみたいので掘り崩すやつですよね!似たようなんで日本考古学バージョンのやつがあって、当たりが「ヒスイの勾玉」だというのでうきうきと選び、わくわくしながら掘った所、プラスティックの「はにわ」が出て凹みました。

 選んでるとき・掘ってるときのテンションが中身わかった瞬間に吹っ飛びますね。あれは。

 自分で金具を手芸屋さんで買って、無理矢理くっつけて携帯ストラップにしてやりました!
---------- 碧水庵. URL│08/15. 23:21 [ 編集 ] -----

はじめまして 碧水庵さん
セミさんの所から!!んまぁ〜〜〜甘い密の樹でも準備しときますね。
ありがとうございます。
楽しく読んでもらえるとうれしいなぁ。

しかも私と同じものをお求めに…
いや、プラスティックでしたね
私は偽赤貝だけど、ホンモノ、でもショボイ。
(偽赤貝は怒るだろうなぁ)

ガックリ度が急降下しちゃったのは同じっす。
これから同志と呼ばせてください。

同志碧水庵さんは、何度選びに選んで手に取りました?
やはり5回くらいは平均だと思いたいのですが。

もし、何かの機会があり御会いすることになったら
“ストラップ見せて”を合い言葉にさせていただきます。
---------- うっかり. URL│08/16. 08:08 [ 編集 ] -----

そりゃもう。
曲りなりとも「一応本物の化石」とは違って、「当たり=ヒスイ」「その他=プラスティック」なので・・・・

(眉間に力を込めながら)
①「ヒスイは重いはずであるから、こんな重さのはずなし!」
②「この重量バランスは、プラスティックに違いない!」
③「なんだかこの箱ではない気がする!」(こうなると理屈も何もあったもんでないのです)

結論「今開いている大箱に、ヒスイはないに違いない!」

というわけで、最上段で開いていたいた箱を一旦のかして、積んであった下段の箱でまた
①~③を繰り返して・・・
「よっしゃあぁぁ!!これだぁあ!」・・

・・・ ・・・・・ 何かがこみ上げてくるのです・・・・・
---------- 碧水庵. URL│08/16. 19:48 [ 編集 ] -----

同志碧水庵さんへ

涙が流れて止まりません。
最上段から下段までの長い道のり、そこは坂道も曲がり道もあったでしょう。
途中休憩でお茶だって飲んだかも。
それなのに、それなのにプラスティック…。
何故か、私の頭は緑色なんですが、正しいでしょうか?
数カ月前にケーブルで見た「大魔人」の姿がやきついているからかもしれない。

碧水庵さん、魔人を怒らせるとヤバイですよ。
割と短気だからスグにプンプン。
“いや〜、よかったなぁ、プラスティックで!”と誤魔化す作戦を提案します。

本物か、偽者かの選択にトライするのだから
冒険家碧水庵さん、チャレンジャー碧水庵さんと呼ばせていただきます。
私は「すべて本物」と書いてある中から「偽赤貝」ですから。
小心者ってことがバレたかもしれない。

---------- うっかり. URL│08/16. 23:13 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/750-2f0f4f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。