スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


左遣いに気をつけろ
文楽、ちょっとキましたよ。
何がよかったかって、ライヴだと言っておきます。
ええ、言いますとも。

観劇をして、時代物でちと辛かった、それは正直に書く。
3時間くらいを同じ姿勢で観るのだから
慣れてない私達は眠たくなった。

でもね〜〜〜、人形遣いの人たちの気迫や絶妙なバランス
左遣いのやる気のなさ(のように見えるだけ)
大夫と三味線のかけ合わせ、これはライヴとして本当に楽しめる。

伝統芸能は色々あるし、ここで語るには一週間文楽ばかりになっちゃう。
それには私の知識が足りないので、ダメダメちんなのだ。

有名な物語は近松門左衛門のヤツとかで映画にも歌舞伎にも
演じられているからご存じの方も多いと思う。

でね、今回すげーーーー!!!と一人感動した
「心中天網の島」
主演/岩下志麻、 中村吉右衛門の際物話しに目が飛び出た。
モノクロで、一部分のカットしか見てないのだけど
斬新、斬新、ナニこれ?って思えるような不思議ワールド。

映画の中に文楽と同じような黒子がでるの。
でもね、これが…私の勝手なイメージだけど
死に神にも見えるのだ。
黄泉の国へ誘う物の怪的な化身のような。
アイデアがすごい、冒険してますよ。

バックヤードをちょっと見せてもらった時に
大急ぎで撮った写真。
暗くて、ボケててごめんなさい。
カメラは悪くありません。
2007.medama


2007.kumo

土蜘蛛…スゴイよね。
めちゃカッコイイと思うのは私だけだろうか?
medama

一体キミはだれ?と質問したけどウインクされただけ。
人気はあるようだ。

文楽のメインの人形は三人遣いといって
黒子二人と主遣いのメインのチームでやっている。
でも、どーーーーー見ても左遣いの人は
やる気がないように見えてしょうがない。
いっつもポッケに手を入れているし(むろん理由がある)。
2007kuroko

ちょっと笑えるのだ。
12月は行くよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/734-afef5965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。