スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


丼はいかが?
去年の山形の授業で作った茶碗が届く。
授業の一貫で作ったのだけど、
これは陶芸作家は諦めるべきだな、そう思わざるをえない作品だ。

ワクワクしながら、箱を開けるが、
一つの茶碗だけなのに、相当なパッキン。
0224


新聞紙の下にも、まだパッキン。
出て来ない
0224-1


ついに…ちいせーーーー!
0224-2

でも、まだ守られている。
これは牡蠣や、栗みたいだ。
身を守る為の過剰とも言える防衛壁。

一つ違うのは、あれらは「旨い」ってことだ。
そりゃ“やり過ぎでは?”とも思うけど
ともかく美味しい。

私のは、これですよ?
0224-3

え?丼を作ったっけか?
私の頭の中では
もうちょっと、こう、こんもりして、柚薬もああなって
釜の中で炎と対峙して
えっと、ともかく、こう、その

丼じゃないんだ!!

誤魔化す為に写真を撮ってみたが、
頭が切れてるし…どう見ても「丼」としか思えない。
0224-4

自分の考えを払拭しようと、大急ぎでカフェオレを作り
泡立も大急ぎで仕上げて
シナモンココアだって大急ぎでふりかけたら


ゴボッとこぼれました。
0224-5


人生ってそんなもん。
全てが思う通りになったらつまらないもんね。
本物の陶芸作家なら、
“こんなモン!私の作品じゃない!”と叫んで
作品を足元の石にぶつける所だが
心の関大で大らかな私はそんなことはしない。

0225

“これ、丼?”とダレカが言ったら、
鍛え上げたロボコンパンチで返事をしたい。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/516-63bf72b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。