スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猛ダッシュとお菓子
モゲからでも書いたのだけど、
本当は行きたい場所はここではなかったのだ。
でも、いつものように寝坊してしまい、公共帰化機関に頼っている私は
「乗れない」ってことは「行くけない」ってこと。

トホホの気分で、空を見上げたらなんとなく晴れる雰囲気。
今から行けるところは…ってんで、探したのが
本日の探究先「今村天主堂」であった。
西鉄甘木線というローカル線に乗り換え、目的地へ向かうけど
ここが、アナタ、んまぁ…電車が人家の庭先っぽいような所を
グングン進み、カーブ具合も心無しかデンジャラス。

私のコーフン度をよそに、車内は至ってクール
皆様慣れてらっしゃり、ホリエモンの話題などしてらっしゃった。

駅で場所を訊ねたら
“あの道をずーーーっとまっすぐ”

いい言葉だ。
迷いがないよね、「まっすぐ」。
どんな方向音痴も絶対に迷わない言葉「まっすぐ」。

私は歩いた、腕をブンブン振って。
しばらくすると、とぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くに、アレかしら??
と、思われるような建物が!!
0128-1


田んぼもキレイ
0128-2

近くなってきた…気がする
0128-3

ひゃぁ〜〜〜、かっこいぃぃぃ〜〜
すごい、住宅地の真ん中(昔は田んぼだったはず)に
ぴょこんと建っている。
0128-4

0128-10

細かなディティールも丹念に作られていて
写真に撮ることはできなかったけど、礼拝堂もステンドグラスが
光を射して漆喰の壁にやわらかな日射しを写していた。

アーチもりっぱで、黒く光った柱の彫りも深くて
時代なんか感じさせない。
施工と設計は鉄川与助。この方については有名すぎる方だし
色んなHPやブログに書いてあるので「ブーメラン作戦」でお願いしたい。
写真もそっちの方がちゃんとしていると思う。

ショボイカメラだし、天気も今一つなんだけど
物語を語ってくれる建物だ。

100年近くなっても、レンガの鋭角さだとか
ステンドグラスの輝きが損なわれないって、単純にすごい、感動する。
建物のバランスだって、美しいの。
戦争や、地震や、台風や、嵐や
色んなものがガオーーーッと襲ってきても
じっと佇んできた強さが見える。

大地に立つってこんなことなのかもなぁ〜なんて
思えてくる建物だ。
近代遺構の建物はそんなものが多い。

0128-6

0128-7

0128-8


0120-11

0128-9


0128-55


と、ここで、厳かな気分で終わりたかったのだが、
そこはホレ、なんだ、うっかりなのでムリでした。
見つけてしまった、怖いパンダを↓
0128-ex


駅でも、こんな怖いオオカミが↓
0128-ex2

そしてマンホールの月餅!
なんだかかわゆくないですか????
0128-ex3


そして大切なものを忘れた!!
人生ってそんなもの
0128-x

スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/481-bc9ec8a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。