スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キーワードはアレ
市川崑監督の「新撰組」を観た。

すんげ〜〜〜〜面白い。
アニメーションなんだけど、そうとも言えなくて
コレだ!っていう言葉は知らない。
平面と立体の融合ってのが一番正しいのだろうか?
多分、どこかのブログに書いてあるでしょう
また「ブーメラン作戦」を投げるので、ちょっと出かけて戻ってきてくれ。

原画があって、それを切り抜いて動きを持たせてあるのだが
白黒の世界が潔いのと、線のタッチがシャープなので
緊張感溢れた画面展開で全面構成されている。

何だ、この実験映画は????
CMだけは知っていたけど、ちょっとチャンスがなくて
随分遅れて観ることになった。

巨匠だからできたのか、実験だからやれたのか
どちらにしても平面アニメなのに、動画とは離れているのに
カメラの視点のコマが妙に立体的。
そのせいか登場人物は原画からなのに、俳優の動きになっちゃってる。

ぐやじぃ〜〜、とっても面白かったのに
ちゃんと説明できないもどかしさ。
言葉が足りないってこのことなんだなぁ。

精進します、とりあえずコーヒーでも飲んで。

0118

前衛的な絵になった(でもないか?)。
いつの日か高値で売れるかもしれない。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/467-f33cfa83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。