スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


温泉にも負けない癒し効果…らしい
これが?

大分のマリンパレス「うみたまご」でセイウチの子供が生まれた。
だが、どう贔屓めに見ても

かわゆくない!

でも、それはセイウチだけの問題でなく
人気者たちの写真がすべて“いっやぁぁ〜〜ん♥”にならない。

広報で撮られる写真は抱き締めたいって思えるくらいの
キュートな写真が満載になるハズだと思う。
ところが何度も言うが、どの写真を見ても
愛が込み上がってこないんだ。
もしや、コレは新しいキャンペーンなのか?

意図はこうだ。
ちっともイケてない写真だけど、実物はとってもナイス。
フォトジェニックじゃないんだ、わかってね、ってヤツ?
新しいアプローチなんだろう。
だが、その新しい試みなのに、名前は「温(あつし)」「泉(いずみ)」。
あまりに保守的な考え。
大分←温泉で有名←流行りそうなモノ
の形式で行けば想像からかけ離れた名前ではないからな。

革新的なキャンペーンと保守的な名前。
ここに何かの接点が隠されているのだろう。

みなさまの気持ちをギュとしてハッとさせる
「温(あつし)」「泉(いずみ)」

“んもぅ、あっちゃんったら!”ってな感じで
イケテるしぐさで魅了しちゃう
「温(あつし)」「泉(いずみ)」

妄想モードに入るも、今一つ突き抜けたものが見えてこない。

じゃ、どの名前がいいのか?と考えると
「内気なジョニー」と「おてんばミッシェル」ってのも浮かぶ。
大分とはまったく関係ないが、
形容詞でも意味なくつけて、他との差別化をはかりたい。

seiuchi


   ヘンな顔だが許してくれ。
   描きなおす元気がありません。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/176-550ba42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。