スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下半身が気になる
昨日wowowのTVガイドを観ていたら
驚くべきものが誌面に。

発見したのは「2006 FIFA ワールドカップドイツ大会」の
オフィシャルマスコット。

目を疑いました。
擬人化するあまりにヘンテコなことに?
マスコットではよくある失敗(じゃないのか?)だが
これは…言葉をなくしてしまった。

誌面のコピーでは一目を惹く事間違いナシ、とある。
確かにそうでしょう、
あまりにダサイ、いや、そんな言葉は
ゴレオ(マスコットの名前)には通じない。
何というのか、どこに向かってデザインが動いたのか?
そのベクトルの向きを確認したくなる。

だが、きっと、ゴレオも苦肉の決断であっただろう。
周囲から
“キミの意にそわないのは
充分にわかっている、
だが今度は涙をのんでくれまいか”

何人もの人物から入れ代わり、立ち代わり言われたのであろう。

あぁ~なんという悲劇。
世が世なら百獣の王としてジャングルに君臨し
みんなの尊敬を集めていたものを
下半身がハダカなんて、そんなエロい格好を求められるとは…

これを読んだ数少ない人は、是非オフィシャルHPへ行き
そのスゴサを満喫して欲しい。
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/en/e/mascot.html

ゴレオの生い立ちから
サッカーに対する意気込みみたいなのが延々と書いてあります。

むろん、そんなことよりもゴレオの写真をつぶさに観ることが
そのHPに出かけたミッションである事をお忘れなく。

そして妙に下半身が気になりはじめたら
アナタもこちらサイド。

私はこの「ゴレオノーパン作戦」の裏には
トラの画策があると睨んでいます。

fifa


スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/17-6ebd01b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。