スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう、ね、ココはどこでしょうか?
今年の夏は、猛暑とか酷暑とか怒暑とか厳暑とか炎暑とか険暑とか(テキトー表現も混在)
とかとかとかの連続で、ドカドカドカと高気圧がこちら側に領空に定住し過ぎだ。
抗議していい状況でしょう。

もちろん高気圧は大事な仲間なので、抗議文もいいたいことを含みつつ
オブラートに包んだ言い方が大事。
怒らせちゃうと、また天地をひっくり返すようなドタバタを繰り返すから。

「ここから入ってくるな!」→積極的な行動が魅力的ですが、
              周囲との協調性も大事にしたいですね
「場所をわきまえろ」→自主性に目を向け過ぎ
「お前にも大切な人がいるだろう」→周りに配慮が必要な場合もあります。
「気持ちを理解してやれ」→(低気圧との噛み合いで)リーダーシップがあるのは
              いいことですが…
「暑(熱)けりゃいいってわけじゃないんだ」→集中力や持続力のすばらしさは
                      十分に理解しました。

などなど、言いたいことはたくさんあるが、
しっかり意義を申し立てることが必要なのだ。
ここで泣き寝入りなんかしたら、
来年もハリキッテ高気圧は領空侵犯を侵してくるはず。まったく、限度を知らな過ぎッス。

果たして湾曲に伝えても、高気圧が理解してくれるかは問題だけど。

20130810-2.jpg

ちゃんと届くように、書留チョイスは基本中の基本。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/1551-3004d569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。