スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は長いよ。
なんというかさ、アレですよね。
私は何度も書きますが「方向音痴」女王と自負している。
そこに行くまでに、方々に迷惑をかけてしまうのだ。
本人的には、ちゃんとしているつもりだからタチ悪い。

さて、今回だ。
昨日は大川市の「旧吉原家住宅」を見に行こうと思った(宿場町を歩くイベント)。
その近くに「昇開橋」があるんだ。
一度行きたいと思ってはトライしたけど、断念した場所。
近代遺産の師匠が撮った写真を見て、さらに思ったもんね。

でも、冒頭で述べたように、方向音痴、そして運転できないオレが
どうやって行けるのかしら?
バスか、バスだけだよね???

そんな気持ちで望んだ大川行き。
シャトルバスが動いている、と思っていたのが、実は宿場町周辺であることを知る。
そして、近くまで行くには2本のバスしか動いていない。
残念なことに、バスは30分待ち…のキビシイ状況になっていた。

20100425.gif

駅の観光案内女子に諭される始末。

でも、私はホリデーアクトバスは忘れるわ、時間もアレだわ、で
行く気がどんどん失せてしまったのね。
せっかく来たのに…と思われるでしょうが、うっかりはそんなヤツです。
急に面倒になっちゃうの。イケナイ所だ。

それを観光案内女子から
20100425-1.gif
ここまで待ったんです。2番バス停までソコですから…と背中を押される。
(モゲ色がヘンだが、一発勝負なので変更はムリ)

バスは時間通りにやってきて、快適な旅となるハズだった…の。
だが、降りた途端、いや、正確にはイベントの旗がある場所まで歩いた所はよかった。
そこからが、迷いのループ、どこかのだれかの魔法(自分マジック?)にかかり
20100425-2.gif
橋を渡って曲がったまではヨカッタ。
ここまでは正解だったの。

ところが、ここからがイケマセン。
看板がなくて、道を尋ねようにも人は通らないし、
不安材料の自分のカンだけを頼りに歩いたのだよ。

そして、30分くらい歩いたところで、思い切ってお店に入った。
なんと、私は降りたバス地点の近くまでぐるりと回って戻ってきている…らしいの。
でもね、でもね、どれだけ説明されてもまったく理解できなくて
一体どこで間違ったのか、何が悪かったのか?????

20100425-3.gif
私のショックと怒りに、お店の奥さんは親身になってくれて
自転車を貸してあげようか…と提案してくれた。

えぇぇぇぇ~~~~~、いいんですか!!!!←借りる気満々

と喜んでいたら、ご主人登場。
やさしく道を教えてくれたのだった。
ところが、途中から、自転車を貸したら戻すのに、またここまで戻って来なくてはいけないから
もう、イベント会場まで車で送ってあげましょう、とさらなる提案。

えぇぇぇ~~~うれしぃぃぃぃぃ~~~~~、本当にいいのですか?
私は断りませんよ!!
大川市の人は本当に親切だった。どうもありがとうです。
お店にいたお客さんと奥様には、大笑いされながら、私はイベント会場で向かったのだった。

知らない人の車で。

車で行くと、本当に数分。
あんなに歩いたのがウソみたいな距離さ。

宿場町ウォークは人も多く、スタンプラリーにみんな燃えていた。
求めた「旧吉原家」はすぐに見つかり、ワヤワヤと人が入り乱れていたの。
あまりに人がいたので、まぁ、今回は写真もすくないです。

気に入った釘隠しだけケータイで撮った。
100424_110407.jpg
桃がかわいい。縁側と式台などの接客部分に使われていた。

100424_112214.jpg
これは内向きの部屋用。
簡易版と話されていたけど、それでもステキだ。

100424_112249.jpg
扇は外向きの部屋用に格式ある場所のみに使用。

この屋敷はね、欄間がめちゃくちゃ凝っているの。
今回はあんまり撮らなかったけど、本当に同じモノはなく、透かしもも美しかった。
天井もちょっと凝っていたかな。
専門用語がわからないから、説明できないのだけど。

ただ、神棚が差し天井になっていたのが気になる。
当初からなのかしら???
私が何度も出かけた「旧戸島邸」も同じ様子だったんだよね。

「旧吉原家」の29代目当主の方と話す機会があった。
って、私がたまたまガラスの事を訊いた人が、当主だったって事なのだが…
いやぁ~世が世なら話すことすらできない人ね。
本人はお若いので、家がめちゃくちゃお金持ちだったことは覚えてないそうですが
おじいさんの代まではすごかったみたい。

敷地があまりに広いので、自分たちの時は、部屋を間借りさせていた、との話だった。
自分たち家族だけではすべての部屋を使うことができないから、
段々痛んでくるから、結果的に他人でも誰かが住んでいたのがよかったらしい。

100424_120306.jpg

敷地内になる、資料館に保存されていた木馬。
代々の当主は、さいしょ、これで馬に乗る練習をしたんだとさ。
愛嬌のある顔がナイス。
ちなみに写真はオッケーだったので、撮っていますよ。

ここで、ほとんど時間を費やし、あとは宿場町をゆっくりテレテレ歩く。
「漆」のお店があって、こちらも代々のお店。
看板がめちゃくちゃかっこ良かった。

その後、宿場町からちょこっと離れた場所のお寺で
えんま様ご開帳の呼び込み(?)が妙齢のご婦人によって行われている。
お接待もあり、どうぞどうぞ、とえんま様の道を笑顔で指示。

100424_123629.jpg

100424_124216.jpg

えんま様像の前に鏡があって、なんか妙に綺麗だから
鏡に写り込まないように、少し横に立ってご挨拶。
ココロが汚れているのだろうか?

お接待は、ご住職と檀家さんが作った餅と抹茶。
これがね、本当に美味しくて、こんな丁寧なご接待、ありがたや、ありがたやだった。
「チーズケーキ」が当たるクジを引いたら、当ててしまった!!
ふつうは絶対にクジが当たる方にいないオレなのに…。

すごく居心地のいいお寺で、よくわからないけど
いい「気」ってのが満ちているんだろうなぁ~、そんな風に思えたのだった。

帰りに、あの呼び込みのお母さんと“チーズケーキ当てました”と話すと
そのお母さんが作ったモノだそうで。
いやはや、ご縁というのはすごいね。
人と話すことで、色々なことが回ってくるんだろうなぁ。

思い立って出かけた旅だったけど、観光案内女子に後押しされてよかった~。
そらは高くて、青くて、深呼吸できた。

20100425-4.gif
お約束ね♪

ちなみに橋は行けずに終わった、ションボリ。
スポンサーサイト


  
コメント

プチ旅いいね~
近かったらご一緒したい
そして私はそれなりに 地図の読める女 です。
---------- さわやか. URL│04/27. 01:34 [ 編集 ] -----

本当だよ~~~面白い旅になると思うなぁ。
さわやかさんが「地図を読める」のは知っている。
ムフフ…話さなかったっけ?
私はバスの中で一緒だったんだよ、私は座っていて、んでさわやかさんが乗ってきたの。
乗車した瞬間、“この女子はデキル人だ”と思ったさ。
そしたら知り合っちゃうし、これが男子だったら恋だわよ。

さわやかさん、変身しろ、男子に!
---------- うっかり. URL│04/27. 07:29 [ 編集 ] -----

おひさしぶりです。
あまりの桃の釘隠の可愛さに私も行ってみたくなりましたが、
知らない人が車で送ってくれるような、うっかりちゃんの人柄に感動です。
私ならたどり着かないかもな~。

---------- びぃぶ. URL│04/28. 15:13 [ 編集 ] -----

あぁ~~びぃぶさんだぁぁぁ~~
メールしようと思っていたのですよん。
でも、ご迷惑では…と思いながら、らしくない躊躇をしていました。

ムフフ、明日、調子よかったら突然のお出かけをするので
夜にでもご報告メールを。

釘隠しは、んもう、んもう、んもう、お前ってやつぁ~~
そう叫びたくなること請け合いです。
しかも、ちゃんと写真に取れなかったのだけど、
引き戸の取ってが「葉っぱの彫り物」で、これまたキュート。
29代目に見初めてもらいたかったものです。

車に乗せてもらったのは、本当にラッキーでした。
よっぽど、うるさい女子だったのですね。
トイレまで拝借しちゃってますから。

一家に何人もいて欲しくないタイプです。
---------- うっかり. URL│04/28. 19:48 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/1435-30b865e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。