スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢のお告げ?
夢でどこかの妙齢のご婦人にお叱りを受ける。

しかも英語で…

おぼろげな記憶で書くと、こうだ。

誰かと待ち合わせ(?)をして、大きなホテルのロビーのような場所をウロウロ。
ディバッグを背中に、通路を通ろうとしているのだが
バッグが邪魔で通りにくい。
(余談ですが、ワタクシ、バス・電車・人ごみ・お店の中では
バッグはもちろん足下に置く主義ッス)

普段、バッグを背中から外すのに、何故か夢の中のオレは背中・オンバッグを固辞。
三回と通路を通り抜けないとソコから出られない。
一、二回とクリアするが、三回目はオバ二人が行く手を遮っているのね。

20100304.gif

仕方ないから、妙齢のご婦人の隣へ座り、席が空けば通ろうと思った。
で、座ってしばらくの時間経過(夢の中なので時間感覚ナシ)
妙齢のご婦人はオレを見て言うの。

アナタは何をしたいのか?
私たちが席を立つのを待って隣の席に座るというのは
どれだけこちらが憤慨するか、理解できるか?

と、何故か、英語で話すんだよなぁ。

仕方ないから、私も幼児英語で懸命に
それはそれは失礼しました。ご気分を害されたのなら謝ります。
と、よくわかんないけど陳謝、そしてまた陳謝を繰り返してんだよね。

で、目覚めた。

その後立て続けに「ふきこぼれ」に遭遇(?)
まず、おかゆだ。
最近、調子が悪いのでネロランチを「玄米粥」へ変更。
これを朝温めていたら、ふきこぼれの神、降臨。
周辺をドドドと重湯の海へ。

んで、次にお風呂。
朝風呂の準備していたら、お風呂にも降臨しちゃう訳です。
ドドドと水が流れ、もったいない海へ。
朝からコレ。
夢は何を物語っていたのか?

20100304-1.gif
マスターオブふきこぼれ降臨
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/1399-3f5acf69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。