スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


眠いんですが、起きてます
さて、本日もナイスなお天気の福岡です。
会社を休みたいのだが、んな状況ではないし…一体いつ書けばいいの???

週末は岡山の直島と倉敷の方へ出かけた。
いやぁ~寒かった。
面白かったが、ともかく寒くて寒くて…ホッカイロが一つ200円でも購入したかもしれん。
それくらい寒くてカップルばっかだった。

え?話がジャンプしてませんか?
してます、イヤ、ほんと、マジ、カップル天国、それは直島。

コジャレ美術館「地中美術館」のせいか、島全体をゲージツにしちゃってるせいか
前後左右を何度見てもラブ・モード全開の、カップルが「手を繋いで」歩いているのだよ。
しかも、どーも、みんな「ベネッセ・ハウス(高級ホテル)」にお泊まりのご様子。
なぜなら、彼らはベネッセ御用達のバスで移動していた。(←うっかり目撃談)

チッ…

私なんて「和室C」の部屋なんだぜ。
お茶もなく、お湯のみもなく、あるのはポットだけ。
お願いしてやっとでコップをもらうが、「白い紙コップ」。
“あの~~~お茶っぱは?”と尋ねると、少ないので一部屋に一つ的なティーパックを渡された。
買いに行くにも、周辺には何もなく…みんなで仲良くお湯を飲む。
和室Cの面々であったのさ。

しかも、私はキューピット役を授かったみたいで
島でカップルに道を尋ねた時
彼女(えみ(仮名))が、場所をとても手際よく教えてくれたの。
彼氏(武雄(仮名))は、ビックリしながら“やるじゃん、カッコイイじゃん”を連発。
きっと私が去った後、道でチューなんかしちゃったに違いない。
島にはそんな魔法がかかっていた。むろんカップル専用であるけど。

愛し合っているカップルの縁を、さらに結びつける新しいキューピットうっかり。
21世紀のニューカマーね。

そうそう、個人的見解なのですが「地中美術館」は一度で満腹。
「ダメダメ天国」と化しているんだもん。
規制の厳しい美術館と知っていましたが、みなさんの制服も白衣もどきで威嚇してるし
無機質モードの空間で現代アートを演出。
白と灰色の単色コンビは、口数は少ないけど何らかの圧力を持っている。

一つの色として見ると、他と同調しやすい配色なのに、
タッグを組むと、人を寄せ付けない冷たさがあるのだった。

な~~~んて感じるってのは、思い切り制作者の意図にハマってるんかな?

20090317.gif

触られ、眺められ、遊ばれるカボチャの生育は早い。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://music365.blog34.fc2.com/tb.php/1209-d00912e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。