スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社用車
「デヒルマ株式会社」

一体何の会社か全くわからないが
「デビルマン株式会社」と瞬時に読み
シレーヌもいるのかしら、社長秘書として…と考えてしまった。

そんな妄想ブログをスタートさせて、半年以上。
誰からも祝いの電報とか花束とかお寿司だとか佐賀牛とかは
届く気配はないが、ともかく半年だ。

おめでとうワタシ!
よくやったワタシ!
うんうんワタシ!

妄想ブログを書くことに辛さとか悩みはない
そう、思っていたのだが
深層心理ではそうでなかったらしい。

見てしまったのだ、ブログの夢を。

何度も書いているので、みなさん御存じだと思うが
このブログの閲覧者はものすごーーーーーーく少ない。
殆どが知人ではなかろうか?

夢の中である知人がメールで言うのである。
“誤字が●●と何回あったよ、そして言葉の使い方は間違っている”

一応、読み返したり、チェックしたりとするけれど
やはりヌケというのが世の中にあって…などと
小さな言い訳をするけど、いい気分ではない。
自分が悪いのだけど。

その人はたたみかけるように、何度も言うのだ。

泣きそうになった。

で、ここで『トイレの神様』が私を救い出してくれた。

用を足しながら“ちっ、バカヤロ〜、恐かったじゃないか”
夢でヨカッタ〜とホッとしながらふとんにジャンプ。

ヘンな特技なのだが、私は夢の続きを見ることができる。
別に、この後の展開は…と考えてはいないけど
何だかうまい具合に物語り2がスタートするのだ。

今回の物語2はブログから仕事へ場所が移動された。

やはり、クライアントへ提出する原稿を書いていたら
普段慣れない事をしているのか、同僚からダメ出し。

で、ここで『トイレの神様』が再度私を救い出してくれた。

結局、何が言いたいか、というと
『トイレの神様』が解決してくれる、コレです。
逃げ出したい現実があっても『トイレの神様』が健在なら
何も恐れるものはない。

ビバ・『トイレの神様』

0531



スポンサーサイト
モゲばかりではつまらないから
話題が彼氏自慢の右肩上がりになっているので
ちょっと雰囲気を変える。

大分水族館「うみたまご」の話しだ。
以前少しだけ書いたのだけど、ちょっと書きそびれた事がある。

それはマゼランペンギンの名前だ。
動物園にいる動物にヘンテコな名前が付けられるのは
みなさんもご存じの事と思う。
「うめ」とか「よしきち」とか、ね。

「うみたまぼ」ちがった「うみたまご」でも、そのルールは外れていない。
ここでは「水戸黄門」一家が幅を効かせている、というか、水戸家一行ばかり。
鎮座しているのは「みつくに」「助さん」「格さん」と有名な方ばかり。

となれば「由美かおる」の登場はあって当たり前なんだが
ちょっと違うんでないか?と思えることになっている。
普通なら「かげろうお銀」が役名だから、まぁペンギンの名前も
「銀」になるのが普通、じゃないか?
だが「由実」と「かおる」の女優の名前になっているのだ。

考えるに広報部主任 飯島(仮名)さんは、「銀」の地味な名前は許さなかった、のだと思う。

ペンギンがメス2頭だったのもあり
“「銀」じゃ今一つパンチがないから、
いいんじゃないの「由実」と「かおる」ってどっちも名前使ってさぁ”
などと、 飯島(仮名)さんの一言で決まった。

しかも「由美」に至っては「みつくに」と結婚までさせられ、
「かおる」は「助さん」と恋愛関係。
「格さん」は階段登りに燃えているらしい。
目をさませ!と私は格之進(この字だったっけ)に伝えたい。

そして飯島(仮名)さんに、
「マゼランペンギン相関図」を作ってもらい
物語りの核をしっかり教えていただく、というのはどうだろうか。

賛成の方は挙手をお願いする。

0529

モゲを紹介します
巷で噂のモゲです。

そう盛り上がって書いていたら、
隣の犬が叫ぶように呼ばれまくっている。

アレックス
アレちゃん!
アレ!

短くするくらいなら、最初から
「アレ」にすればいいのに。

で、だ、モゲを見に来てくれた友人が写真を撮ってくれた。
彼女は“見せて”とは言ったが合い言葉はナシ。
これではゲームにならないなぁ〜とボツリ囁くと
おもむろにチーズケーキを出した。

ナイスタイミング。
ホイホイ紹介したワタシである。

あ〜〜〜ヨガにも行かず、ケーキを食べ
こうやって女子は暗黒の世界へ…。

2529


昨日のウオーキングの話をしたいのだが
それは明日ってことで。


モゲより
20060528070006
今日は熊本へ歩きに…
だが朝だからか、バカみたいな失敗!
お金を無駄にしてしまった。
が~ん!
つまんないが駅の写真。これから無事に帰ってこれますように。


九州南部は梅雨入りですって!
信じられないくらいに眠ってしまった。
確かに夜中に2時間くらい起きるという
ヘンテコモードなのではあるが、
昨夜はヨガに行く気分になれなくて、
帰宅してちょっと(?)食べて寝る。

これはもう、アナタ、事件ですわよ。
私の体が!!!

0527



愛が生まれたハズなのに、今日も忘れた
かわいそうなモゲ夫である。
モゲが生まれたワケ↓
http://music365.blog34.fc2.com/blog-date-20060508.html

ついに落書きの対象にまで身を落としてしまった。
     ごみん…
        しかもちょっぴり失敗したようだ。
           さらに、ごみん…

ケータイに対しては、ある距離を微妙にとってきた。
それはよく「一人ぼっちにさせる」という行為で
なんとなく分かっていただいていると思う。

だが、ある部分がモゲた瞬間に投げやりに感じていた感情が
「初恋?」と思えるくらいにポッとピンクな気持ちになったのである。

これは例えると、単恋が急に両熱恋抱になったような感じ?
追い求めていたものがこちらを振り向いてくれると
一気に覚めてくる、ワガママな感情。

つまりは、アレです。
どうでもいい、と思っていたのに
「モゲ」になった瞬間に特別な感情が生まれたってこと。

で、愛が「落書き」となって変化してしまった。
恋心とイタズラは表裏一体。

結果…
すでに元の面影すらなくなってきたような?
いやいや、実はたいしたことないんじゃないか?
なんて、この二つの心の声が戦っているのだが
人に見せたことはないので、客観的な意見はわからない。
ともかく言い訳満載の仕上がり。

モゲ、キミが一番だ!
信じてくれ!

今度私と会った時に、モゲ夫が健在であれば(多分大丈夫)
そっと耳元で囁いてほしい。
“ラクガキ モゲ夫を紹介しれ”と。

0525


    ほんと、すまん!!

犯人はダレだったんだろう?
最近体調が今一つだ。すごく疲れてブルー。
睡眠の問題なんだろうか?

ヨガをサボッているからだろうか?
ブーになったからか?
アイスを落としたせい?
靴下が気に入らなかった?
お弁当のおかずが好きでない?
理由は簡単に100コくらい簡単に言える。

今日は大好きな「モンク」さんだったのに、
ダルくてウトウトしていたら番組は終わっていた。
犯人は誰だったんだ???

0523


起きているように見えるが、すでに眠っている。
目を開けて眠る…修得した秘技の一つだ。


災難っていくつでストップするのかな?
土曜日に出かけたウオーキング。
うっかりβ-r44至上最高に辛い修行のような日であった。
一難去ってまた一難。

原稿用紙に書くと50万枚くらいになること間違いなし。
作家のように上下巻の本になっちゃうだろう。
そこにはスリル、サスペンス、ハードアクション
自己との戦い、煮えたぎる鍋(韓国料理を途中で食べたから)、
スタントマンなし、CGだって使わない
純度568%の「ある土曜日の一日」が繰り広げられるのだ。

だがそれをものすごーーーーーく要約すると

体調があまりよろしくなかった

日射しがどんどん強くなった(一難)

上り坂多し(5キロ地点)(二難)
200605222145544

美しい茶畑だが、一瞬しか楽しめなかった。
理由は長く苦しい坂道だったから。
当然だよね。

腹ぺこ

トラジ(韓国料理店)発見(6キロ地点)

ビビンバ、チャプチ、チヂミ、チゲを食べる
財布を忘れるが、そのことにはここでは気づかない…(三難)

満腹だが、まだ完璧な元気ではない

4キロ先まで歩く(10キロ地点)

北海道アイスを食べる

お金を支払う時に「財布」がない事に驚き
焦るあまりにアイスを一口も食べてないのに落とす(四難)

タクシーでトラジへ戻る

財布事件勃発で頭が冴えて、体調が戻る

駅到着

JR主催のクジで茶碗が当たる
200605222145542


帰宅
泥のように眠る

およそ10時間くらいの出来事を簡単に書くとこうなる。

今回再発見したことは、自分が素人だということ。

ウオーキングの強者は楽勝の顔で私達を追いこしていった。
その出で立ちは、つばの広い帽子と長いシャツ、そして黒い手袋。
絶対に焼かないけど、ウオーキングは楽しむ。
その意気込みがビンビン伝わるルックスである。

きっと財布を落としたり、アイスを落としたり
そんなヤワなどんくさい事は玄人衆はしないに違いない。
むろん、途中にお腹がへった…と言って
催眠術にかかったようにフラフラとのれんをくぐったりもしないのだ。
強者はおにぎりお弁当だろう。
そして、一つ食べてる途中で手が滑っておにぎりが転がり落ち
切り株にぶつかって、きつねの嫁入りとかが観れたりする
そんなハプニングが玄人にはついているのだ。

あ〜〜〜〜〜!!!
早く玄人になって、その「物語」をのぞいてみたい。
腕立て伏せでもして練習しておこう。

20060522214554

ペンがなくてアイブロウで
化粧ポーチにトラジの番号を書いてしまった。
いつでも電話できるぜ!

0522.2

日傘だけが頼りの人生デシタ。
だって曇りって言ってたんだもん!!!


モゲより
20060522014228
いや~ん、知らない間に月曜じゃんか。
コンスタントに書いてたのだが…。
ま、そんな時もあるさ。
ウォーキングの話があるがまた今度。
「あなたの小庭」を眺めて季節を感じるように。


ヘボより
サングラス忘れた!
今日はウォーキングで有田まで行く。
眠くてしょーがない…
バスの揺れがさらに睡眠を促すのであった。

ほぇほぇと愛と微笑みと
本日のヨガは二人でチームを組み、お互いの身体を観察して
アジャストするという試み。
名付けて「らゔ・ヨガ」って感じだろうか?
ちょっとネーミングが今ひとつなので考えてみた。

「二人でヨガ」
「コンビでヨガ」
「イジメてヨガ」
「カップルヨガ」
「あなたとわたしのヨガ入門」
「拝啓ヨガ」
「バリエーションで誘いヨガ」

お!最後のが良くないか?
キャッチに「バリエーションで誘いヨガ」をドーンと持ってきて
サブコピーで“二人でやると楽しいよ、うふっ”

だが、ワタクシ的には「ほぇほぇヨガ」を一番に押したい。
「ほぇほぇ」と口にするだけで妄想の嵐。
うふふふ…
   あははは…
      こっちこっち…
と、昔のドラマのように草原を幼い二人が走る映像が
妄想となって頭に浮かぶのは、何か間違っているだろうか?

大好きな人と身体を触りながら押したり、引いたり。
誰かに身体を触られるって年を重ねると少なくなる。
それはさ、パートナーがいたとしても同じじゃないかな。
手を繋ぐとかキスとかとは違う「触る」行為。
相手に対して自分の触感をマックスに持ってくる。

エッチなドキドキとは違うけど、実は愛しむってのは案外そんな所から
生まれてくるんじゃなかろうか?
見ただけではわからない相手のクセだとか
自分の歪みをアジャストされてゆくイタグー感覚(痛いけどグーbyうっかり語録)。

男子とか女子とか関係なく、「ほぇほぇヨガ」は気持ちいい。
なんたって「ほぇほぇ」で相手の意表をつくところから入るから
話題性だけでも触るチャンスは増える。

“ほぇほぇって何?”
“こ・う・い・う・こ・と”と、悩まし気なポーズで一気に押し倒す!

ビバ「ほぇほぇヨガ」!

オチが少し道に迷っているが、何しろ「ほぇほぇ」なのでいい。
0519

もう少し「ほぇほぇ感」を出したかったのだが、
画力がないのでこんな絵に。
あとはみんなの妄想だけが頼りだ。


涙と共に流れてしまえ、この想い
と、ちょっとスカーレットのように言ってみる。
まゆ毛だって左右多少上げ気味で。

また雨ですよ、雨!
いっそのこと「梅雨です!」と言ってしまえば
こちら側だって気持ちのもってきようがあると思う。

清清しい五月とかさ、晴れやかな五月とか
何かしら気持ちがパッと明るくなるような季節なハズでしょ?
もちろん毎年そんなんじゃないのはわかっているが
それでも雨が降るのも程があるんでないか?

誰か言ってくれ
「梅雨」だと。

言わないなら私が言うよ、宣言しちゃうよ、気象庁よりも先に

『梅雨入りしました』と。

で、何となく雨小僧を描いてみたら
さみしんぼうになっちゃいました。

遊び道具は持っているのだけど、相手がいないの。
みんな雨なので家に閉じこもっている。
誰か遊んでやってくれ。
長靴は貸してくれるそうだ、カッパは持参で頼む。

私は描いた手前、遊んでやらねばならないと思うので
雨でも遊べるゲーム「しりとり」で小僧を手玉に取る予定だ。
いい大人なので負けてやったりはしない。
小僧だろうが、いつでも真剣勝負。

最初は「りんご」からスタートだ。
男子の遊びを欲しているだろうが、すまん、許してくれ。

0518



モゲより
歯も磨いた。
顔も洗った。
パジャマにも着替えた。
おやしみ、違った
おやすみなさい。

睡魔が大群でやってきた感じだ。
また夜中に起きるんだろうな。

しばしさらばじゃ←日本語おかしい

恐怖の体験とお腹のやわわ
コワイ…あまりに怖いので遠回りをしてバスに乗り遅れた。
バカなやつがゴミを早く出しすぎていて
(気持ちはわかるがバカだ)
今朝はそれにカラスがたむろって来ていた。

んもう、そりゃ、あーーた、そう隣のオバサンのような
言い回しになりそうなくらいの集まりである。

ここは、何か?集会か???
もうわんさか、わんさか集まってきていてマジ怖かった。

遠回りして、その時にももちろん「カァァー」とお決まりの声は聞こえるが
その声は少なくなるどころか、増加の一途。
空を見上げれば、どんどん集まってきているのがわかる。

こんな時よく例えで出てくる
ヒッチコックの「鳥」そのもののようだった。
電線やら屋根やら木々にカラスが何羽もいるのだ。

ごわがっだ…、オラ、オラ泣きそうになっただよ。

ケータイとか、地デジとかのHow toを覚える前に
もちっと人としての道徳とか、協調とかを考えた方がいい。

なんだか、やっぱり、ヘンだ。
どんなヤツがバカやったか知らないけど
うんこの海に落ちること決定。

なぜ、「うんこの海」か?←ここで堂々と書くのもどうかと思うが。
それは、地獄で痛い目にあいたくないけど、
もし、もし、そんな悲しい事になったら
何が我慢できそうか…と友人と考えた結果
“うんこの海なら…”と答えを出した。
針も血の池も炎も、ものすごく痛そうなので。

だが、本当はそんなものの海に落ちたくはないハズだ。
そこでうっかりは新たなアイデアを考えた。
「良薬口に苦し」と「うんこの海」とセットにしたら
みんな妙なモノを想像して、“キチンとさんになろう!”
そう考えて、ちょっとはマシになるかもしれない。

昔の人は偉いなぁ〜←ちょっと違う

不適切な発言が今回は多々有りますが(「うんこの海」)
これも道徳の為と思って涙をゴックンと飲んで我慢するように。

電子の網に迷った人への格言になると思うので。

またもや身を呈して(こんな字になるのか)人々へ何かを伝えようとする、
うっかりの人生。
「何か」ってなに?とは訊かないで欲しい。
なにしろ「道徳」よりも「うんこの海」の説明の方に力が入ったので。

0516



モテウーマンへの道
また忘れてしまった
モゲケータイを!!!
今回は会社へ忘れてしまい、個人的にはちっとも困らないが
あんな姿になっているので、ちょっと一人にするのは可哀想。

慈悲の心が生まれたのか、そう考える月曜の夜。
怖い思いをしてないといいのだが?
ごはんは食べただろうか?

0515


餌付けされるオトナ
20060515123324
それはワタクシ。
以前「豆まき」つまり節分の日に豆をくれた同僚の母君から
いただいた柑橘類。
社内に香りが充満しようとも
食べるもんね。
やるもんね、
パクりだかんね。


はぁ〜〜っ…違う、ソコじゃない!!!
あぁ〜〜ん、もう少し右。
    違う、違う、下だってば。
   どうしてそうなの??
       ぜんぜん入らないじゃないの!!

うぅぅん、お願い、もう一度やってみて…

どうだろう、桃色の気分になっただろうか?
 ならない?そうか、やはり目薬では無理か。

目がシバシバして、なんだか痛いので目薬を注すこと両方で10回。
やっとで入れることができた。

でも、間違っている数字ではないのか?
どこがイケナイんだ?
“違う、違うってば”と一人芝居しているのがダメなの?

他の人の目薬の注し方を知らないが、私と同じ様なやり方だと思う。
その手法とは、むろん「カン」である。
これ一本、シンプルイズベスト!
駆引きなし、直球勝負、控えの選手だっておいていない。

理由はもちろん怖いからだ。
あのドロップしてくる液体を直視なんて出来ない。
え?みんなは直視できるの??????
あり得ないよね、そんなことは誰もできないよね?

最初は右寄り、そして左、最後に下瞼を直撃
カンが外れること数度。
最終的には勝利を手に入れるのだが
何となくジャケ買いのCDのように「負け感」のような気持ちが拭えない。

そしてやっと入れたと思ったら
何故か鼻の線を通って、よくわからないが目薬らしい味がする。
美味しくないんだ、これが。

完璧に目薬に翻弄される人生。
一滴の道も千滴から、ちょっと違うけど気にしない
オトナはそういうモンだ。

0513



眠れない
20060513013019
なので雨の福岡を撮ってみた。
全然わかんないです。
しかも、外は寒い。
ムードたっぷりの週末にはほど遠い。


しらない間に土曜日だ!
ショーーーーック!
土曜日に更新するつもりだったのにすでに日曜日になっちゃった。

今週からまた勉強を始めました。
衿を正しつつ、机に向かいつつ、本を読みつつ
ネットで遊んだり、コーヒー飲んだり、TV観たり…
順調に現実逃避を楽しんでおります。

そしてまたバカを再発見する旅。
約束の場所はどこなのかしら?

のろしでも上げて探しやすくして欲しいものだ。

0512


著作権とか心配しなくてもいい絵ってのも
少し悲しい気がする。
ぜーーーんぜん似てないじゃないか、なぜだ???
マウス画家(ワタクシのこと)として、ごく一部に人気の私なのに。

ラヴレターが来たよ
と、ムフフの気持ちだ。
それはバリからであった。
えっとパリでないよ、濁点のバリだからね。

自慢の一つだが、仕事柄肩凝りや腰が弱い。
なのでマッサージや整体に対して並々ならぬ情熱を持つ。
もうこれにお金をどれだけ使ったか…
家の一件も建てたのではないか、とさえ思う。
ウソだけどな!
あ〜〜〜今日がエイプリルフールだったらヨカッタのにぃ。

で、だ、すごく懇意にしていた整体マッサージの先生がいた。
彼女のその世界のデビューは遅かったのだが
とてもパワー溢れる女性で、将来的にはバリに移住することを念頭に
周囲にはきちんと伝えて生活を送っていたのだ。

で、その彼女が一昨年ついにバリへ。

バリはテロ騒ぎもあったし、気にしてはいたけど
どうしたんだろ????と心配していた。

そこへ手紙だ!

あ〜〜ヨカッタ。
クンクンクン…そこはかとなく封筒からはバリの匂い。
こうやってブログだとか、HPだとかで電子の世界は拡がっているけど
私は切手が好きなのもあって手紙が大好き。
自慢の切手は「流星号」と「サザエさん」だ。
かわゆい「のらくろ」さえもある、むろん「アトム」は抑えてある。
「ゴジラ」だってあるし「七人の侍」も出番を待っている。

このブログでも分かると思うのだが、私の手紙はイラスト満載。
それも中身だけでなく封筒にもガンガン描いている。
本人にそのつもりがなくても、“あ、書き忘れた”とか思うことを
ガワゴソ入れ込んでしまうのだ。

だから受け取った人のコメントは一様に“笑った”である。
ま、これも自慢?←バカ丸出しなので

東京に親友が住んでいる。
彼女は電子メールが苦手のようで、ケータイもあまり得意でない。
なので文通作戦を提案し、目下継続中。
お互いに取り留めのないことが内容としてあるだけだが
それでも相手の肉筆と文体に、目の前で書いた本人が「テヘヘ」笑いをしながら
書いている様がよくわかる。

相手の事を考えて書く、これは電子メールでも手紙でも同じなのだが
考える一発勝負差がちょっと違う。
誤字があっても愛嬌があるし、その空気が可笑しいし、かわいい。
確かに電子メールは素早いし、なんたって値段も安い。
郵便事情のことも考えると、安全なんだろうと思う。
でも、そんなのはちょっと横においてさ
好きな相手(男女関係なく)の字って妙にハグハグしたくならない?

そうなんだ、私は何ヶ月かに一度、
やはり東京の友人ラブラブカヒミさん(仮名)から数冊の冊子が届く。
その度に美人のカヒミさん(仮名)が頭に浮かんでクンクンなのだ。
今度お手紙書こう!

あ〜〜手紙万歳!切手はたくさんある!
文通しようぜ!カモ〜〜〜ン!

0511


あまりにうれしく帰宅した途端書いてしまった。
早い日記だ…でも気にしない
ミクシィには別なの書こう

寝る
今、まさに“眠りなさい”と、睡魔降臨。
モゲたケータイからなので、ヘボい絵はなしだ。
大アクビがでた!
やれる、やれそうな気がする。
どうせ夜中起きるから絵をいれるかも。

チャオ♪

基本はジャケ買いで
すまない…

大きく頭を垂れています。
一昨年、ジャケ買いで手に入れたバンドのCDを久しぶりに聴いていたら
それがもう、声がたまらん!と腰をフリフリしちゃいそうになった。
よかったセコハンバックに入れなくて。

今、新しいアルバムが出たみたいです。
もしこのバンドを知らなくても絶対にジャケ買いしていたであろう
すんばらしいジャケット。かっこえ〜〜〜♪

どうよ、そのお腹!
え?何か、キミと私の内臓の内容は同じなのか?
比率が何か間違っているんじゃないのか??
え??そこんところを膝を合わせて語ろうじゃないか。
時間はある!

0509


(セコハンバック=ジャケ買いで失敗したCDが入る袋
比率で言えば2対15くらい。ほとんど負け多し)


睡魔降臨
眠い…
こう、この気持ちをどうやって皆様にお伝えできるのか
悩んで、悩んで、そして悩んで
とサンボマスター風に考えてもみた。

だが、目がうつろになり、頭は朦朧としてきて
この朦朧という字は絶対に手書きの時は平仮名だな、なんて
呑気に考えながら夕方を迎えた。

黄金週間が終わっても
体は“もうちょっとダラダラしていたいよぉ”と嘆く。
「強化月間」に入っているので、苦手なホットヨガでもして
ウソ体重減らしで肉体騙し作戦を強硬だ。

もう二週間はヨガに専念(ウソ)しているの。
でもちっとも変化の兆しが見えないのはなぜか???
変化の黄金週間は人よりも長いのか??
海外で遊んでいるのかもしれん。
伝書鳩で呼び寄せたい。

ホットヨガから帰ったらヘボ絵をプラスするわ。
ファンのみなさま待っていてくんろ。

くるっく~~

0508


それが…

05082


次に私に会ったら、“ケータイ見せて”を合い言葉だ。

ずみばぜん
誰も心配してないと思うけど無事帰ってきました。

でも眠くて、眠くて、ブーってなって、眠くて
ここに大変な言葉を潜ませてますが
おわかりになったでしょうか?

ヘボ絵も入れるつもりがちっとも浮かばない。

また明日、チャオ!

爽やかな笑顔が似合う天気
200605050931332
20060505093133
20060505093132
すごいのんびりできます。
王様になった気分。 てんでバラバラな写真ですまない。


知らない人との旅
今から知らない人とお泊まりで出かけてきます。
そしてバスは五台も来たのに、法則通りに待ってるのはやってこない。
行き先は「湯布院」。
本当に知らない人なんで、ちょっと心配だけどいっけきます。

で、バスなんだよ、早く来て!

五月の空とまだ見ぬ明日
眩しい程の青空とともに始まりましたよ、黄金週間!

黄金と睡眠障害は何の関係もないので
むろん早起きでいつものように4時に目が覚めた。
んでもって2時間くらいぼんやりして、のろのろ起きる準備。

黄金ではなく洗濯が山のようにあったので、
朝から盛り上がって洗濯機と仲良しだ。
シーツなんぞ洗ったりしていると、天気の偉大さを感じる。

だって、外においているだけで、すべて乾かしてくれるのだよ
しかも均等に、何のえこひいきもなく。
偉いよ、お日さま!グッジョヴ!(←爽やかな笑顔しつつ)

さてさて、健康的な一日をスタートさせた今朝はヨガに行く。
一番好きだけど、一番根性が必要とされるアシュタンガだ。
朝10時30分スタート。
少し遅れて到着すると、もう随分の人がスタンバイ。

みんな出来そうな人ばかり(β-r44心の声)

始まるとすぐにみんなのウジャイ呼吸の音が聞こえる。
このクラスは上級者(β-r4は論外)ばかりなので
呼吸の音がものすごく気持ちいい。
咽からわざと音を出しているのだが、ちっともうるさくないのだ。

睡眠不足のせいだろうか、しみじみ感じたことは
このスーハーの音をBGMに眠りたい、と。
ポーズを取りながら
“あ〜〜〜ここで横になれたらどれだけ幸せか”と256回は感じた。

うまく表現できないのだが、スーハーの音が竹林みたいなんだ。
あの真直ぐ空に向かってグングン伸びてモサモサしているアレ。
風が吹くとザワザワと揺れるアレ。

よく「川のせせらぎの音」だとか「鳥の鳴き声」だとかが
CDになって売られておりますが
私は「眠れるウジャイ呼吸音」ってので新たに制作されるのを願う。
45分くらいソレばっかり。

スーハー…
シューハー…
ソェハー…

このリズムでくり返しだ。
制作費としては格安ではなかろうか?
場面展開もなく、スタジオ録音も簡単、
後は微妙に男女取り混ぜるくらいで音の変化を楽しむ。

カテゴリーとしては睡眠作用音楽という新しい分野を展開させたい。

連休一日目でビジネスについて考える、仕事人間β-r44
昼、帰宅してから夕方まで眠ったことは秘密だ。
何しろ新しいビジネスモデルを生み出す女子なんだから。

日経の「21世紀ウーマン」ってのに掲載される日は近い。
写真映りが悪いと悲しいので、大急ぎでダイエットに専念しなきゃ。

suha



ピンポン押しました
と、バスで降り損ねそうになった女性は言った。

ふぅ〜〜ん…ピンポンしたのね、何気なく思ったのだが
これで通じるんだから世の中驚きだ。

電子レンジのことを「チンする」と言ったり
鳩が鳴くことを「ポロッポー」と言ったり
ベルが鳴る音を「リリリ…」と言ったり
ケンシロウが殴れば「タタタタタ」だし
ともかく何はなくとも、擬音や擬態語が大忙しなのである。

だが、音は本当にそう聞こえるんだろうか?

漫画での擬音語でそう思い込んでいるだけなんではないか。
目をつぶって部屋の音に耳を澄ましてみる。

車の遠い音しか聞こえない。
うまいぐあいに今夜の福岡は風が強い。
ちょっと外の音を私なりに擬音化してみたいと思う。

んまぁ、ステキ。
今夜のブログは詩的でなくて??
これが私の求めるモノなんだわよ←日本語おかしい

と、やる気満々で外の音を感じる為に窓を開けたのだが


寒くて…即、閉めた


「ブルル」するのが精一杯。
これも擬音語、と思いきや、こっちは擬態語であった。
んもぅ日本語面倒だ、色々ありすぎだよ。
表現が豊かと言ってしまえばそれまでだし、
確かにそうなんだと思う。
こっちは表現方法として感じたことを書いているだけで
擬態語、擬音語と選り分けてるワケではないから。

その証拠にブログのタイトルすらそうであった。
「うっかり」してました。

ちょっと実験で明日は音を聞いて言葉にしてみたいと思う。
GWにナニしてんだか???勉強しろよ!ともう一人のβ-r44が囁くが
新しい自分が見えるかもしれにので(ウソ)
トライしてみたい。

文学的な香りがそこはかとなく漂ってこないか?
ぷぅぅぅ〜〜ん

geragera



温泉にも負けない癒し効果…らしい
これが?

大分のマリンパレス「うみたまご」でセイウチの子供が生まれた。
だが、どう贔屓めに見ても

かわゆくない!

でも、それはセイウチだけの問題でなく
人気者たちの写真がすべて“いっやぁぁ〜〜ん♥”にならない。

広報で撮られる写真は抱き締めたいって思えるくらいの
キュートな写真が満載になるハズだと思う。
ところが何度も言うが、どの写真を見ても
愛が込み上がってこないんだ。
もしや、コレは新しいキャンペーンなのか?

意図はこうだ。
ちっともイケてない写真だけど、実物はとってもナイス。
フォトジェニックじゃないんだ、わかってね、ってヤツ?
新しいアプローチなんだろう。
だが、その新しい試みなのに、名前は「温(あつし)」「泉(いずみ)」。
あまりに保守的な考え。
大分←温泉で有名←流行りそうなモノ
の形式で行けば想像からかけ離れた名前ではないからな。

革新的なキャンペーンと保守的な名前。
ここに何かの接点が隠されているのだろう。

みなさまの気持ちをギュとしてハッとさせる
「温(あつし)」「泉(いずみ)」

“んもぅ、あっちゃんったら!”ってな感じで
イケテるしぐさで魅了しちゃう
「温(あつし)」「泉(いずみ)」

妄想モードに入るも、今一つ突き抜けたものが見えてこない。

じゃ、どの名前がいいのか?と考えると
「内気なジョニー」と「おてんばミッシェル」ってのも浮かぶ。
大分とはまったく関係ないが、
形容詞でも意味なくつけて、他との差別化をはかりたい。

seiuchi


   ヘンな顔だが許してくれ。
   描きなおす元気がありません。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。