スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝から本日の日記を書くのもどうだろう?
まだまだ眠れない日が続く、どすこいβ-r44である。
このまま消えてなくなるかもしれない…と危惧しているのだが
体重の方は1グラムも変化する気持ちはないようで
私と心が通じ合ってないようだ。

今日はいつもと違う時間4時に起きるハメになった。
そして6時くらいに起きる。
涙なくしては読めない文字ではないか?
こう、何か心配ごとかあるのではないか、どすこいβ-r44?

夜中、もしくは明け方に遊んでくれる人急募。
お礼は精神的におかえししたいと思う。

doskoi



スポンサーサイト
涙で世の中が滲んで見える
何が悲しいかって?
さっき、ちょっと12月ってどんなことしてたんだっけか?
などと意味もなく自分のブログを見ていた。

そしたら、うぐっ…←泣いてる、嗚咽ってヤツだ。
イラストが消えているじゃありませんか!
ワタクシのママンの事を書いている日があるのですが
そのヘボイラストが変わっているのです。

思うに、データを入れた時に
“入れ替えますか?”とジョセフィーヌ(Macの名前)が
質問してきたと思うのだ。
私は何も考えずに“イエーース”と、思いきりキーを押したんだ。

そうに違いない。
会社なので確認することは出来ないが、
あ~~あの傑作ヘボイラストがなくなったかと思うと
涙で心も砕けてしまって、仕事になりません。

再度同じ物を描けないのがマウスイラストの辛さ。
何で消したかなぁ~

青空も灰色に見えてきた。
涙ってこんな色だったのね。


睡眠障害
最近また5時くらい(朝ですよ)に起きてしまう。
こんな時はまたアレを思い出すのだ。

去年の2月頃は睡眠障害に悩まされていた。
どんなにがんばっても2時間で目が覚める。
赤ちゃんでもいたら、授乳なんて楽勝だわ
それくらい深い睡眠に入れなかった。

で、2ヶ月くらい続いただろうか、やっと私は病院へ行く事を決意。
専門医を探し、勇気を持って出かけた。
その病院では殆ど健康診断と同じようなことを
検査されたのだ、まぁ、それはいい。
でも、ですね、大事なことは
ウエストまで測られたってこと。

しかも服の上から。

体重だって量られたってことです。

しかも服を脱がずに。

私は看護師田村(仮名)へ
“もちろん1センチとか1キロとか減らしていただけるのですよね?”
などと潤んだ目で懇願したのだ。

が、彼女の答えは“いいえ”←キッパリ

その時の私はGジャン風なジャケットを素肌に着ておりました。
下はブラ一枚。

“ひどい、そんな〜〜、恨みますよ”とワタシ
“ハイ、どうぞ恨んでください”と強きの看護師田村(仮名)

病院へ電話した時には、そんな事は一言も言わなかった。
サイズを測りますから、上着は軽く、だとか
前の日には水で我慢、とか
少し運動して、とか
何らかの対処法が速効提案されたと思う。

今回私が取れたギリギリの行動は
深呼吸してお腹をへこませ息を止めること。
だが鬼の看護師田村(仮名)にバレては意味がないので
多少の演技力を持ってひそかに動かなければならない。
SASも驚くような能力だったと思う。
数字に大きな変動がなかったことを除けば…

看護師田村(仮名)、夜道に気をつけな。
tamura



ハート・ストレッチャーが欲しい
どんな年齢になっても、ハートのサイズは変わらない。
できるだけ大きな心でふるまってみても、
ささくれだった気持ちを落ち着かせるのには苦労する。

例えば

・全速力でバスを追いかけても止まってくれなかった。
・久しぶりに外食したお店だったのに、量が少ない。
・豆腐をつくったつもりがヨーグルトに。
・太ってしまって服と話が合わなくなった

こんな時には「ハート・ストレッチャー」が便利だ。

・用途:心が狭い人専用
・スロースタート機能:最初はやや心もとないが、段々とあたたかな
           気持ちになるので、伸びを感じれる。
・商品特徴:細かな調節機能により、幅広や縦長ハートにも対応。
・電気代:必要ナシ
・適応身長:関係ナシ
・最大適応体重 :最大100キロまで
・タイマー予約:20分後に消えます。知らずに眠っても安心。
・色:桃色
・生産国:日本

◎商品説明
使用する度に血行がよくなり、筋肉も程よくほぐれ
傷付いた痛みも解消されます。
ハートが柔軟になれば、自然と笑顔も増えるので
新しい友人や、恋人が出現するかもしれません。
さらに続けて使うことによって、効果は倍増しますので
もう手放せなくなるでしょう。

◎使用上の注意
・ハートはデリケートなもの、効果が表れるまで2~3週間かかります。
・無理に伸ばそうとするとたまに破けたり、
 本体が故障しますのでゆっくりと時間をかけてください。
・ハート以外には使用できません。
 足ツボや肩凝りに使用しないでください。

***お客さまの声***

最初は半信半疑だったんですけど、
いきなり効果が表れたのでびっくりしました。
ホットヨガと一緒に使用したのがよかったのかもしれません。
価格はお徳とは言えませんが、他にない商品なので仕方ないかな?
一つだけ気になることがあります。色は桃色だけなので、
もうちょっとカラフルになるといいかなって思います。
これからの商品開発に期待してます、がんばってくださいね★
(福岡 U)
******************

どこで買えるのだろうか?

hart



JRウオーキングとどらやき
結構14キロは楽勝だったぜい、と今夜は思っている。
明日はどうなっているかはわからない。
人生というものは風に吹かれてきままに通り過ぎるものだから。
すまん、意味のないことを書いてしまった。
バカ丸出しの文章だ、イカンイカン。

本日のJRウオーキングは「赤間」だ。
0423.4


前回よりも1キロも多いのだが、あまり心配なく行けた。
ただ一つの山場を除いては。
そこは実際本当の「山」であった。

「ふれあいの森」ってのが、そのメインの場所。
駅でマップをもらってチェックすると「軽いアップダウン」と書いてあった。
もちろん嘘である。
いや、えっと、制作者にしてみれば「軽い」んだろう。
なんて、ここからながーーーーーい話を書くつもりだったが
つまんなかったので消去。

で、14キロを終了して足はどうか、というと
あり得ないくらいに元気なんだよな。
どうした、ワタシ????と体に聞いてみたくなる。
これは、アレか?
マラソンランナーがなる「ランナーズ・ハイ」の歩き版
「ウオーキング・ハイ」ってやつだろうか?
どうも弱虫の感じがするが、気のせいだと思いたい。
喧嘩してもすぐに殴られたフリをして、一番に倒れそうな呼び名。
人気者とは程遠い位置にいそうなネーミングだ。
どうりで流行しないハズ。

今回のルートは山歩きっぽかったので、そんなに笑えるものはなし。
ただ、またもやデカイ、本当にデカイ楠があった。
ここでもサイズを比較するものがないけど、
まぁ、ともかく私のウエストの12.8倍くらいってことを名言しておこう。
何となく想像できただろうか?

0423


ブログを読んでいる少数の人は私を知っているので
今、頭にボンヤリ浮かんだと思う。
あ〜この身を持って知らせる犠牲的精神、これを人はオトナと呼ぶのでは?
次に会った時に“あの樹はコレの12.8倍だったんだな…”と
じっくり私のウエストを熟視することは勘弁してもらいたい。
私が視線気づいたら目つぶし作戦が発動する、ご注意あれ。

近くの切り株すらナイスなルックス。
生きている樹も見上げるばかりにカッコイイけど
切り株にも情熱を感じるよね。
そこに生きざまみたいなものが表情としてある。
写真は今ひとつでしょうが、ナイスであったので
そこの所はみんなの想像力でパワーアップを試みてほしい。

0423.2


その激情切り株の前に、ちょこんと竹の子が登場。
なんだか上の方が髪の毛みたいでかわいい。

0423.3


最後にすごい美味しかったどらやきを紹介する。
「つづみや」さん自家製。
もぐもぐもぐ…つぶあんサイコー♪

sweet


デカイ楠は私のウエストの12.7倍とやや変化した。

瞼が重いのです。
20060422220928
雨で冷えて、知らない土地で緊張したので
今夜はケータイから失礼。
煎茶のレポはまた後日。明日はまた14キロ歩くのです。遅刻しないようにしなくちゃ。
遭難グッズに「堅パン」をポッケにしのばせた。
完璧だぜ!


駅です。
寒い…
トイレ行きたい…
お腹へった…
誰かなんか食べさせて。
豚汁なんかいいな~ (妄想中)

しまった!
煎茶なのに、ケーキを買ったバカなヤツは私です。
だって和菓子のイケてるのがなかったんだも~ん!
紅茶くださいって言ったら破門だな。
入門してないけど。
目指すは「東郷」。

訳あって、見知らぬ方のお宅訪問
20060422103918
煎茶の先生宅へ向かっている。
とても寒いのです。
雨だってガンガン降り。
私が何をしましたか?


強化月間に突入
気のいい私の体は全ての脂肪を受け入れた。
結果、お洋服に困るという大変な事態がぼっ発し
毎日ヨガへ通う日々。

ま、そうは言っても3日目だけどな!

さてさて、今夜もマジマジ鏡を正面に見据えてポーズを取る。

両サイドは、細めの婦女子。

頭を「無」の状態で動く予定なのだが、
お腹のお肉やら二の腕のブルブルやらが気になって
心の中で
“いつになったら隣の体に?”
“あ〜〜お腹減ったなぁ、帰りに図書館で本を借りよう”
“この短パンはもう少し細いとカワイイかも”
とか邪念でつるつる一杯状態になる。

こう、いつかは思念が一瞬消えて「無」になったりするのかな?

ソレいつ?
どこで何時何分???
スグにわかる?
色はついてるの?

食べれるか????

と、鼻息荒くして問い正しつつ、ビスケットを食べている私である。
邪念や思念のオンパレードできっとミックスになってるのだと思う。
それをサンドしてビスケットにして食べてる。
自給自足の日々という事なのだろうか?

この畑はとても強く、いつも豊作なのが唯一の欠点。

ゴゴォォォ〜〜〜と風のヤツが言うのです
すっげーーー嵐の夜。

風が半端でないくらいびゅんびゅんだ。
心が踊ってくるのは、私だけではないだろう。

雷とか雨が好きだ。
稲妻なんてめっちゃくちゃカッコイイイイィィィ〜〜と
無駄にエコーまで入れたくなるくらい好ましく思っている。
単恋(←コレの意味はおわかりかしら?)かもしれないが
それでも満足しているんだから、ヘンなヤツだ。

小学三年生の頃、帰宅途中に雨になりみんな傘をさしていた。
その時に私は“あ〜傘なんか止めて雨靴で水たまりを歩きたい”と言った。
吉田くん(仮名)は“やりゃーいーじゃん”と、いとも簡単に答えたのだ。

三年生の女子はかわゆくない。
妙に大人ぶって(実際はガキなんだけど)、そんな子供っぽいしぐさは
恥ずかしいと感じていたのだ。
心の奥底には“思いきり遊びたい”と思っているくせに。

そして“女子は言うばっかりやん”と、吉田くん(仮名)は
傘を閉じて雨の中、水たまりでバシャバシャしはじめた。

なんだか悔しくて、私は傘を閉じて同じように
水たまりを歩いたのであった。
たったそれだけ。

かなわないなぁ、こんな男子に私はメロメロだ。
もし吉田くん(仮名)が近くにいたならアタック大作戦で
目の前でヨガのポーズを一発決めて
驚いて顎をハズしている間にキスを奪う!ここまで2分でやれたと思う。

いつも作戦だけは30秒で出来上がるのだが
肝心のヨガのポーズにもたもたしちゃうので
結局逃げられるような気がする。

予備の案として、目くらましのような小道具を常備しておくべきなのか?
と、また何やら話が小道に入り、まとまりが悪い文章になっているが
言いたいことは「愛と勇気と水たまり」。

決まった!

yoshida



本当の「お得」は何もしない事って、ミヨちゃんが言ってた。
汗かいてきた。
ホットヨガほどの汗ではないけど、ちゃんと自分の力で
ポーズをとりながらの自力の汗。
やっぱり誰の力も借りず、体の内側から出すものが
大事だと思うのだ。

な〜〜〜んて書きつつ、明日はホットヨガ。
トライアルコースを使いまくろうと貧乏人の考えでいる。

「お得」この光り輝く文字に私は勝てない。
おバ特有の「お得」至上主義なんだろうか?
「お得」こそ命!
「お得」よ、永遠なれ!
「お得」と結婚!

つまりは購入したからには、もしくは手に入れたからには
人よりも自分は「いい買い物をした」とか「安く手に入れた」とか
何かしら差別化をはかりたいのだろうか?
お店に“悔しい…、この客は通だ”と言われたいのか?

全く情けない限りである。
みみっちいことこの上ない。
器の小ささが特価至上主義に反映しているのだろう。

「お得」が絶対だと本当はあり得ないのに、
翻弄され、振り回されるおバの小さなココロ。
純粋ってこんな片隅に生きている。

だが、逆に店と客の攻防戦が楽しいのだ(多分)。
これこそ資本主義の醍醐味(多分)。
お互いの知恵比べのような戦いである(多分)。
挑まれたからには逃げるわけにはいかないだろう。

かかってこい「お得」!
(少し間違った方向へ話が動いているがムシしてほしい。)

bag.gif



どうだろって言われたら、少し躊躇しちゃうかな?
今日は久しぶりにヨガへ行く。
だが、色々と諸事情があり、今の私はヨガスタジオ・ジプシーだ。
ヨガスタジオとスガシカオは似ているような気がするが
「ス」と「オ」しか合ってない。
言葉の音感って騙されやすいぜ、要注意!

細かいことは面倒なので、書かないが、
ともかく前のインストラクターが好きなので
ストーカーのように、のろのろ付いてくことにした。
と言っても、期間限定ではあるし金銭的問題やスタジオの場所の不便さ
など諸々の事でどこまでこの気持ちが続くかは未定。
なので今週はトライアルでやってみる。

でだ、本日は「ホットヨガ」に挑戦した。
そこでまざまざと見た自分の姿。
それはどんなだ??と疑問に思ってほしくない

         ハ・ム?

え?今、何かモニターの向こうから聞こえたけど
何も言ってないよね?

あ〜〜ヨガに燃えていた日々は脂肪さえも私の味方だった。
彼等も一緒に“ヨシ、やろうよ、β-r44!ボクらも気持ちはスーハーさ!”と
私と脂肪は一心同体で一つのことに向かって動いていたのだ。

レポート提出と仕事の山がタッグを組んで襲って来る前までは。

一旦燃えるのを怠けたヤツはただの甘ったれだ。
コドモのようにダラダラして、私の周りをまとわりつく。
そして私もすべて分け与えていたように思う。
やれアレが欲しい、と言われれば小走りで買いにでかけ
コレもいいな、と囁かれれば、雨の日でも求めた。

だが、私は決心したのだ。
この蜜月も終わりを迎えねばなるまい。

グッバイ、ザ・脂肪
お別れだ、ザ・脂味
幸せになってくれ ザ・脂塊

必要なものはすべて持ってくように、
かけらも残さないでくれ。

ham



春だけど寒いのです。
昨日から眠くてしょうがない。
外に出ようとしても、体がうごかないし
少し横になれば「眠りの神様」が隣で添い寝。
もしかしたら勉強用のテキストを読み始めたせいか?
また自分がバカになる。

その街路樹の名前を知ってるかい?
ネタの宝庫、バスの中での事。
天神を通過中の車中で運転手さんと妙齢のご婦人との会話。

“きれいな街路樹ですね〜”
“本当ですね、一体何と言う名前なんでしょう?”
“本当にきれい…”

と、二人で見とれていた桃色の樹は
私もあまりに鮮やかな色なので見つめていたのだった。

同じ気持ちの人たちが、やんわり会話をしている。

いい時間。

「珍しい樹」たったそれだけで会話があって
余計な気遣いもなくて、ただただ、気持ちのいい朝の光りと
やわらかな風が桃色の街路樹を照らしている。

世の中は憎しみも怒りも、パンドラの箱から飛び出た瞬間に
世界中に散ってしまったかもしれないけど
美しいと感じる気持ちや、それを愛おしむ感情が
ちゃんと同じように存在しているのだな。

単純だけど、人を好きになる瞬間だ。
誰でも抱きつきたくなるし、頬にキスをしたくなる。
ピィィィ〜〜〜〜
「β-r44注意報」発令中。

tree



バカっていうやつがバカなんだ
なので、私がバカです。
自己紹介しとく。

オッス、元気か?オラ、β-r44ってんだ、ヨロシクな。
はい、自己紹介終了。

今、一昨日のイラスト見てたら、漢字を間違っているじゃないか!
電子の中でバカ丸出ししちゃったぜ。

丸ごとの果物や丸ごとの魚を溺愛する私だが
「丸出し」はヤだなぁ。

「丸」の漢字は同じだけれど、その後に続く文字で
イメージがこんなに違ってくるなんて。
しかも「丸出し」はエロさが20%程注入されてる。
と、考えるのは会社の近くにエッチなビルがあるせいか?

少し鼻息が荒くなったので、欽ちゃん走りでグッバイだ。

少数派の痛みと居直り星人に乾杯
昨日からブログに春の息吹をのせようと懸命だ。
これも情熱の枝垂桜のせいだろう。
だが、もう精も根も尽き果てた感がある(本当は飽きた)。

私が使用しているマシンはMac。
しかもOS9というひと昔前のタイプ。
時代遅れだろうが、何だろうか使い勝手は個人的に抜群なのだ。

問題はブログデザインをカスタマイズ化する時に、ズレが起こるって事。
仕様が違うから仕方ないや、と諦めつつも
気になるレイアウトを眺めつつ、目から血が出る程トライした。

何度も、何度も、何度もやった。

でも…変わらない…

私は文字色だとか、サイズだとかをほんの少し変更したいだけなの。
例えば右に動かしたい、とかさ。
難しいことじゃないよね?ね?

許されるものなら、私の頭の中にあるデザインを
みんなのマシンに繋げたいくらいだ。
こんなにナイスに仕上がっているの!(←自画自賛)
“わかってクレ!”と肩をブンブン揺さぶりたい。
必要ならばリンボーダンスだってやる勢いだ。

余りに嘆き悲しむ日々が24時間も続いたので
開き直りすることを承認した。
もういい、私が見るモニターとみんなが見るモニターとは差があるんだ。
(えっと、ヤケになってる)

次ぎのアイデアとしては「念」でいく。

hands


伝わっただろうか?

日本最堅伝説「堅パン」
商品の名前は「堅パン」。
生まれは北九州、鉄鋼の街である。
「鋼の堅パン伝説」と語り次がれてきた。
今日、久しぶりにスーパーで見かけ懐かしさのあまり購入。

パッケージにはしっかりと「歯に注意」と書いてある。
「健康はアゴから」
「たいへん堅い商品ですので、歯が悪い方はご注意ください」

控えめではあるが、きっぱりとした主張。
さすが大正末期より作られてきた商品である。

こわごわ口に入れる。

ちょっと齧ってはモグモグ、カリカリの連続。
3.5×9cmくらいのサイズであるが(名刺参考)
それがもぅあ〜〜た、半端な堅さではないのだ。
一枚食べるのに2分38秒かかってしまった。

バカかお前、などと思ってはイケナイ。
それぐらい慎重に根性入れて食べないと、
歯が割れると私は本気で信じている。
商品を発見してからすでに3年経過。
ワタクシも年を取りました、多少だ液を活発に出す為に
「梅」を想像し、それから求める「堅パン」へ手を出す。
薄氷を歩くように緊張しながらボリボリだ。

肝心の味だが、気合い十分で食べているせいか本当に美味しいのだ。
程よい小麦粉の甘味が口一杯に拡がるのではなく
少しずつ、少しずつゆっくりと拡がる。
商品は牛乳や紅茶に浸して食べてもいいよ、と言っているが
私のオススメはもちろん男気一番のガリガリくん、一本勝負。
一枚制覇すると、さらにまた一枚制覇、と
まるで高校球児の春夏甲子園と同じ気分を味わえる。
優勝しても完食の文字だけで、誰からも誉められないが
勝利というものは自分との戦いだから、そのあたりはごにょごにょで濁す。

巷で有名なコエンジムだとかヒアルロン酸だとか
しゃらくさいものは入ってない。
そんなのは男「堅パン太郎」には全く関係ないのだ。
質実剛健、顎唯大事、骨一文字、簡素頑丈が
「堅パン太郎」の座右の銘。
体は堅いが、座右の銘が沢山あり選びきれない
気弱な性格が唯一の欠点だ。

姉妹は同会社で作られている「羊羹」。
これまた「鋼の黒いダイヤモンド伝説」を持つ姐さんである。

キリリとした姿が美しい。

katapan



桜ロードと木蓮だと、断然木蓮がいいんだぜ
一眠りしたけど、その間に体が痛みを受け入れている。
なんてこったい、すでに足が、太ももが
“うっかりサン、お風呂に入ろうか?”と
控えめに声をかけてくる。

なので、頭にも疲れが蔓延していて、頭が本格的に動かない。
本日は写真だけで許してクレ。
しかも天気がウオーキングにはヨカッタけど
写真的には青空が欲しいところではあった。

全体的に写真の色を調整していたら
ボケてしまったような気配。
だが、疲れているのでこの際ムシしたい、すまん。

ここでも想像力の翼をめいっぱい広げてくれたまえ。
写真の善し悪しは個々の感受性にかかっている。
全員で創ろうよ、新しい写真の世界。

新緑のもみじ。清清しいくらいの青さ。
初夏にはまだまだだけど、なんとなくそんな雰囲気の
樹の下ではある。
短パンでジョギングでもするか?←ウソ
green


デカイ樹です。本当に!
となりにケータイを置けば比較対象で
“おぉぉぉ〜〜〜!!すげーー!”になるのかもしれないが
まぁ、想像力をマックスまで持ってきて
モニターの前で驚くように。
tree


ほい、もう一枚
tree


枝垂れ桜だ。
枝垂って入力するとこの漢字になるとは本日の大発見。
shidare


どうです?ドラマチックな枝垂桜。
色合いが濃いのもあるが、
他の桜に比べると情熱的な勢いがある。
shidare2


贅沢な桜並木とうっかりβ旅のヨロヨロ13キロ。
もうここ何年か分の桜を観たと思うぜ。
桜預貯金までバッチリしたかのように思える。
来年観る事がなくても、このブログを見直し満足したい。

あまりに好きなので、すっかり写真に撮るのを忘れてしまったが
実は桜ロードの途中に少しだけある「木蓮」の方が私は好きだった。
ビロードのような色合いの紫。
気高い佇まいが眺めていたもぜんぜん飽きない。
なんたってイキナリ花が咲く感じがしないか?
お!と思うと、すでに開花している。
葉っぱも目立たず、枝に花とめちゃシンプルな構成。
男気がある花「木蓮」

惚れてるぜ!

foots


お土産
200604091719352
20060409171935
歩いていたら「よかったら、どうぞ」と書いてあったので頂いた。

かわいい葱。
「ねぎ」より「葱」の文字が似合う顔だ。
“正直に生きてたらこうなっちゃった!”そう言ってる。

少しなでてあげた。

疲れた…
20060409141223
がんばりました。
自分を抱き締めてあげたいくらい。
へんな象も誉めてくれた。

パォォォ〜〜ン


Message from SkyMail
13.5キロの歩きです。
今日はもう更新できない可能性あり?
そんなことよりバス!


いきなり乗り遅れだろうか?
20060409075716
今から佐賀へJRウォーキングへ行く。
頭は行きてるがまだ活動してない。
バスをいきなり見逃し、普段なら
“待っていたよ、私の愛車!”
そう言えるくらいのバスが山のように来る。
勘弁してほしい…こんなところに
「乗り遅れの法則/必要ないバスがどんどん来る」が健在だ。
しょぼりん


レバノン料理とビューティパコちゃん
200604082351232
20060408235123


すごく美味しかったレバノン料理。
なのに写真が小さくて申し訳ない。
まぁ相変わらずの言い訳なので、もうみんな慣れっこだろう。

白亜の城はちょっと不便な所にあり、近くのバス停の時刻表を
ボケボケながら撮ってみた。

どうだい?
この潔いくらいの本数。

白亜の門からおよそ400mくらいだろうか?
この本数の少なさにマエストロはひどく胸を痛め
リムジンで送迎してくれる。

さすが違いのわかる男。
コーヒー豆をガリガリするだけじゃない。

ともだちの家はどこ?
20060408154516


マエストロの宮殿へ招待されるが…道に迷う。
20分は歩いた…
館はどこだ?
ハーレムはどこ?
泣きそうです。

不動産屋に道案内を頼んだのが、暗黒の闇に迷いこんだ原因か?
“ここから100mくらいですよ”

彼はそう言った。

上目づかいで言いたい。パパ、あれ買って
ごくたまにだが、社長が私のキーボードにお菓子を置いてくれる。
主に、チュッパチャップス。
いちご味が多いのだ。
実はちょっとキャンデー系統は苦手。
でも、いただきものを無駄にしないのが
私の流儀なのでペッロペロしちゃう。

そして、今日はキョロちゃんだ。
かって子供と呼ばれた時代
何度「おもちゃのかんずめ」を手に入れようと
がんばって買ったことか。

でも、残酷な神様は体重増加の力はくれても
おもしろいであろう「かんずめ」は
当てさせてくれなかった。

久しぶりに「チョコボール」を目の前にする。
あまりのミニぶりに愕然とした。

何だか小さくないか?
パイロット版なのか?
これは、あれか、自分が大人になって巨人になったせいか?

そう言えば、ミスドのドーナッツすら小さく感じるし
ケンタのフライドチキン(殆ど食べないが)だって
随分前だが、食べた時に“小さい…”と愕然としたものだ。

つまんね~~~!!!
大人になるってつまんね~~~!!!

これはつまりアレだな、
真実がいつも正しさを持っているわけでなく
大人になるにつれ、物事の微妙なズレを知る試練だな。

…と、ごにょごにょ書いて、終わりにする。
こんな大人になる修行を受けている私だが、
何年か前はキョロちゃんファンクラブに入り
テレフォンカードを貰った経験がある。
(キョロちゃんファンだったもんで)

私のコドモゴコロに乾杯!
キョロちゃんよ、永遠なれ!

gian


イラストがダサいのは見逃してください。

アリクイと接近遭遇
うっかり見間違えるってことあるよね?ね?ね?

私はある!
自信満々で言える。

帰宅途中、散歩している人を見かけた。
暗かったのでハッキリわからなかったが
見た瞬間“アリクイ”と直感。

すっげーかっこいぃぃぃ!!!
アリクイかぁ、いいなぁ〜〜〜

と、ここまでほんの.3秒くらいの時間だったと思う。
自分の妄想ぶりに拍手を送りたいが
実際はテリアであった。

ちくしょ〜〜服なんか着んじゃねーよ!
うっかり羨ましがっちゃったよぉ。

しかもオチも何もない駄文。
まぁ私の文章なんてそんなものだが、
見てきたことをそのまま書くなんて、シケシケである。

すべてアリクイがいけない。
あれがアルマジロだたらもっと違う展開になっていたハズ。
おしい…

teria




雨が激しい夜はマンダムだ
20060404232134
ぷーぷーばかりでは、品位が下がるので
昨日偶然に会った版画の先生の小作品。
ヘボケータイだから写りは悪くてすまない。
観てたら刷りたくなった。また初心者からスタートか?
永遠に抜けられないスパイラルみたいだ。
くるくるくる…
またボケてるよ
くるくるくる…


春の冷たい雨とぷーぷー
妙齢の婦女子として書くのもどうか…と思う。
だが、書いちゃう。

数日前からおならがぷーぷーだ。
しみじみ思う、ラヴリーなダーリーンがいなくてヨカッタ。
あまりに仕事が忙しく、食べ物もちゃんとしてなかったから
などなど言い訳はものすごくある。
富士山の高さくらいに言え、と言われれば躊躇なく言えるが
それもまぁ、今宵の雨のように消えそうなので
得意のごにょごにょで誤魔化したい。

(ごにょごにょ)

でだ、問題のぷーぷー。
片仮名で書くと「プープー」、これは本当におならって気分だ。
なので、自分に甘い私はごにょごにょ戦法活用し「ぷーぷー」にしてみた。
これなら違和感なく書いていけそうだ。
人って弱い生き物ね。

ガスが溜まってきっとぷーぷーしちゃうんだ、と思う。
でも、どうやったらガスがたまるんだろう?
毎朝全速力でバスを追い掛けたら溜まる?
あまり利用しないケータイを持っていると溜まる?
カフェオレ3杯飲まないと、目覚めない体だから溜まる?

ああ、いいさ、溜まったらいいさ。
でも、ガスももうちょっと考えてくれてもいいんでないか?
一方的に「ガス溜まったから出すよ!ぷーぷー」と強きの姿勢でなく
寝ている間にゆっくり出す、とか
段階毎に声をかけるとか
事前に何かしら相談があってもいいのではなかろうか?

どうしたワタシ???と自分のお腹に問いただすも
返事はぷーと言ったっきり、歌声さえも聞こえない。
冷たいヤツである。

ぷー

pu



キスは目にして♪
少し痛みを伴うだろうがガマンしたい。
やはり愛情というものは多少の傷を恐れていては
飛び込むことができないから、
そこはもう一気にドーーンと向かってきてほしい。

と、キスを目に受け(文字にするとスゴイ)
こうなったらどうとでもなれ、の妄想ハンターβ-r44。

ブルーマンデーのハズが何故かゴキゲンちゃん。
何故ならヘンテコな時間が近くにあったから。
それは言葉にするとちゃんと説明できないのだが
空気の匂いの春と初夏の間にある触感。
やわらかいような、ほんのり草の匂いのあるような
もちろん初夏なんて早いんだけど
無理に文章にするとそんな感じ。

ぬるま湯の気持ちよさです、程よい温かさの。
幸せの身近さを隣に思える、そんな空気。
スコールみたいに雨が降って、土の匂いがむせ返れば完璧。

こんな時は世界中の人にキスを送りたい気分だ。
誰でも抱き締めたくなるし
誰でもやさしくなれそうな気持ち。
目の前に困難な事態が発覚しても
チョイチョイとすりぬける強さを持ってる…妄想?

漂いたいな、空気の中で。
夕方から夜になるその瞬間に、たっぷり息を吸い込んで
空にジャンプしたい。

と、妄想ハンターらしからぬ感じで話をまとめてみた。
しかも近所の桜も取り入れる、その配慮。
どうよ、女性らしい雰囲気でなくて?
隠していてもそこはかとなく漂う乙女度1200%。

愛でてくれたまえ、近所の公園の桜どす。

sakura


すまない…ボケている。
乙女度をマイナス30%差し引きたい。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。