スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あふれるばかりのこの想い
なんてことだ…

あれほど気合いを入れたレポが

Dで戻ってきてしまった。

初めてのD
トキメキのD
涙のD

今夜の気持ちはアレだ
爪でガラスをキキィィィ~~~と鳴らしたいくらいの
やり場のない怒りやら、なんやらかんから。

と、思っていたら、ナイスなメールをトモからいただく。
棄てる神あれば、拾う神あるってことのようだ。

まだまだツキはこちらに残っている…予定。←やや弱き

時間は限られているけど、何とかやり抜くわ。
山なんて高い方が登りがいあろうってもんじゃないの

負け惜しみ↑



D



スポンサーサイト
塩っぺ
すごい破壊力のあるネーミングだ。
今朝、バスの外から見つけた社用車。
真っ赤なボディに白抜きの文字

塩っぺ

相当な威力である。
となりに小さく会社のロゴが入っているけど
何はなくても「塩っぺ」

これは御存じない方もいるでしょうが
御飯のお供に、というような
昆布と塩の結婚したつくだ煮みたいなもの。
あれ?つくだ煮なのかしら?

あまり食べた事はないのだが
あの名前だけは強烈なので覚えている。

タイトルに

「ぺ」ですよ!

社用車にも、商品の名前があるというのは、
それが売れ筋ということだ。
多分、沢山ある中で永遠と買い続けられているであろう
「塩っぺ」。

電話での応対は
“はい、塩ッペの向島でございます”と
偉く真面目な声で言うんだろうなぁ。

社訓は「言葉の最後には『ペ』をつけ
常に塩っぺを念頭に置くこと」なんてのが一番に書いてある。

そして「塩っぺ体操」が3番までありそうだ。
歌もあり、オリコン上位を狙っているだろう。
もちろん歌手は尾藤イサオで決まりだ。

ソレ、美味しいっぺ!
イヤンだっぺ!
書類コピーしてくれっぺ!
きれいだっぺ!
好きだっぺ!

と、調子にのって書いていたら
何となくラムちゃんっぽくなってきてないか?
「うる星やつら」はもしかしたら
「塩っぺ」が原点かもしれない。

味に歴史あり。


でも、「ぺ」


pe



夜空
ちょっとしか知らない人なのに、
もう「見知らぬ人」にだった時には戻れない。
人生って不思議だ。

それを考えると、今のこの一瞬も通り過ぎてはいくけど
知らない時間ではないんだよな。

通り過ぎたその先には、必ず自分がいるのだ。

すごいスピードで過去と未来が行き来する。

なんてのをアップルバイを眺めながら考えた。
食べる前の言い訳がコレか…

今一つ、頭の悪いオンナである。

today



ヨシコさん、ごはんはまだかね?
アマゾンで調べものをしていたのだが

nose


「鼻毛カッター」
自分でこの文字を入力することがあろうとは
今までのサイバー生活で考えたことはなかったのだが
あまりの強烈宣伝に負けてしまった。

ヤツは(「鼻毛カッター」)そんなに重要なモノなのか?
使ったことはないので、使用感などの感想は書けない。

売れ筋トップ100をチェックすると1位と3位は…
あ!5位までもが「鼻毛カッター」

いつの間にそんな重要な位置を占めていたのだ?????

加湿器やコーヒーミル、ポットやアイロン
そんな重要家庭家電を押し退けて
隙間産業のように入り込んだ「鼻毛カッター」

「パーソナルトリマー」「鼻毛トリマー」だとか
言葉を選んでいるが
所詮「鼻毛」のパンチにはかなわない。

例えば、これを
「胸毛カッター」
「足毛カッター」
「耳毛カッター」
「腕毛カッター」
などと、想像する限りの「毛カッター」を取り入れてみる。

やはりトホホになるのはヤツだけだ。
強烈具合がお分かりだろうか?
思うに、「鼻毛カッター」と口に出した途端
脳裏に浮かぶ姿が笑いを誘うのだ。

どんな美男美女でも自宅に「鼻毛カッター所持」、となったら
親近感が沸いてくる。

自分は近寄りがたいと周囲から思われてる、
そう感じている諸兄は
この神器によって目がさめるような道が開けるハズ。

洗面所でカッコイイ彼氏の「鼻毛カッター」を見つけるヨシコ(仮名)

“まぁ、省吾ったら、かわいい”と
意味なく感じるヨシコ28才の冬

ブィ~~ン


yoshiko



夕陽がきれいだった
誰かに薬を盛られたとしか思えない程の眠たさだ。
文字を入力するのにも間違いだらけ

眠い。

帰ってから、ストーヴの前で
いつものゆおに(ホラ、また間違った)(いつものように)
お尻があたたまったら睡魔が襲ってきた。
それも音速のスピードで。

王子様のキスで目覚めたい

sleep



つぃに天へ
なんだか背中がとても痛い。

それは一日同じ作業をしていて
ちっとも生産的でない時間をおくったせいではなく

きっと天使の羽がでてきているのだと思う

ヨーロッパ絵画の天使のような
デカイ腹になってきたことだし
まぁ、恋した人は私に相談してくれ

angel



おやつは300円以内
自分のランチ写真を冷静に見ると
遠足でなくて

チンパン食だと感じた。

ネロとは違う路線を歩み出した気配だ。
涙なくしては語れないランチだと思ったのだが
別の意味でそうなりそうだ。

ウッキ~!

chinpan




デザート充実ランチ
200601231251094
いつものような貧乏ランチに見えるでしょ?
違うのです

何となく品数が多いように感じませんか?
スープの中身はポテトあんどポテトなんて遠い昔のこと。
今回は白菜あんど白菜あんど海老餃子

200601231251092


貧乏ネロランチだった頃が懐かしい
デザートにバナナ
豪華じゃありませんか、太っ腹になって
サンドイッチにまでしちゃいました。
スキッピーが欲しい!!!
20060123125109


ここでキャラメルとかお菓子があれば
何となく遠足のお弁当みたいだ。

ビバ・遠足!

ショーック!
肉まんをホクホク食べてたら

200601211203492


中身が落ちました!
あってはならないことです!

20060121120349


ガーーン!!

今日はこんなにブログをアップする予定ではなかった。
勉強する予定だったんだ。
穏やかな土曜日の午後の予定だったのに

それが、憎まん のせいで…

信じられない…誤変換まで登場。
今日の運勢は大吉だと思う。

niku




うひょ~
20060121090616


そこは北海道、北の国ですか?
なんて言いたくなるような映像が届いた。
撮った人は、まっき~(仮名)だ。
千葉に住んでいると言ってたが疑問が沸く。
証拠見せてと、
取調室に連れて行き、問いただしたい気分。

もちろんカツ丼も準備。
会話にはお母さんの事も取り入れるつもりだ。

“おふくろさんはどうしてる?”と。

お茶を出しながら聞く、ナイスタイミング。


中くらいのゴキゲン
自己をコントロールするとか、しないとか
まぁヨガはよく「そのアタリ」の精神論へ登場させられる。
その理由はあの不思議の国インドとも関係あるだろうし
ヨガのあのポーズに尽きるんだろう。

正直、やっぱり“何か悲しいことが?”
問いたださずにはおられない衝動にかられるカタチが多い。

こ難しい事を色々書いてはいますが
ヨガの理論や、基本的な事は勉強しているワケでないので
最近の自分の「息」の変化に驚いた、というだけ。

今まで燃えてきた「アシュタンガヨガ」という
最近大流行のモノは、大好きなロック。
瞬間の勝負や瞬発力の強さを全面に出してる感じ。

で、最近気になってる「ハタヨガ」はジャズみたい。
空気の流れに乗って始まったり、終わったり無理がない。
まるでいつもそこにあるかのようだ。

両方とも大事なのは「スーハー」と息をする事なんだが
最終的な着地点が二つとも違うのかも?

爽快感と中くらいのゴキゲン(ワタクシ的「無」)。
断然、「爽快感」を選びたいが
中くらいのゴキゲンってちょっとイイ。

camel



罪と罰
箱の中の匂いって罪だと思う。
むろん、私のことだ、この「箱」の意味はバスである。

匂いはオナラとか、お酒とか、そのような類いのモノでなく
いや、いっそその方がヨカッタ。
オナラだったら“ダレだよ、ばかやろ~”で終われるし
お酒だったら“んまぁ、ターさんゴキゲンね”で許せる。

だが、今回登場はフランスパンなのだった。

最初は“クン、クン”
おや、この香ばしい匂い
ボボワンヌ・フランスの香りではないか!
あ~~それだけで幸せが漂い始める
小麦を焼いた魅惑的な香り。

口が一気に今夜の夕食を決めた日だ。
フランスパンを食べよう!

きっと、バスに充満していた、
このボボワンヌ・フランスの匂いは
「今夜は寒いから鍋にするつもりだったけど、シチューもいいわね
帰りに「天然かまど」でパンを買って帰りましょう」とか
「チゲ鍋のつもりだったけど、「パンの田中」でフランスパンでも
買って、チーズ・フォンデュにしましょう」とか
世のお母さま方の心をガシッと掴んだに違いありません。

よし、わかった、そのバトンはオイラが受け取った!
大急ぎで我が家へ戻り、野菜篭をチェック!
が、悲しい事にタマネギや他の野菜もない。
…ポテト、ポテト、またポテトの
こだわりのあるクリームシチューの出来上がり。

白いスープに漂う、黄色いポテト。
朝食のようですが、れっきとした夕食
艶やかな色もなく、肝心なポテトさえも見えない。
あるんだ、本当に!!!

photo


口はフランスパンと
具たくさんシチューを求めていたが。
何一つ与えられない
寒い木曜の夜であった。

食べたかったのはフランスパン
シチューじゃない

bread




ヨガはヨガッた!
ゴメン、悪かった、
もう二度と言わないから!

今日は二ヶ月振りにヨガへ行く。
すっげーーーーー気持ちよかった。
体はガチガチでヨボヨボなのだが、
喜んでいるのが分かる。

もっと伸ばして、もっと伸ばしてぇぇぇ~~~
とまるでMの気配

腕を伸ばしたり、
屈伸をしたりのベーシックなものを基本に進むプログラム。
体は徐々にMになってきているので
多少の痛みは心地よい。

ひっぱったり、伸ばしたり、よじれたり
ロウソクが出てきたり
アイマスクだって登場したり
…ウソです、何も出てきません。
あ、アイマスクはある、ある。
どこで登場するかは教えませんが…

ブログを書きつつ、イラストを頭の中で
シュミレーションしてみるのだけど
あんまり気持ちがいい時って浮かばないんだなぁ~
怒ったり、悲しんだり、笑ったりって感情がある時は
何も考えなくても画面が浮かぶ。

でも、中くらいのゴキゲンな時は
程よい気持ちが体の真ん中にあって、
右にも左にもいかずにおヘソの所に留まっているから
「無」になっちゃうのかな。

今ひとつ前向きに取れなかった「無」は
体にとっては幸せなのかもしれない。

で、描いた絵が↓コレだもん、脱力しちゃうよ

mu



我等のネコ型ロボット
どなたが制作しかた知りませんが
とてもすばらしい。
泣いてしまいました…

ドラえもんの最終回です。
ネットで有名になっていたらしいのですが
一時マンガ公開ストップでした。

フラッシュ版でもグッときたけど
マンガになるとまたグググッと迫ってきた。

http://csx.jp/~vaiosqare/doraemon/01.html



ランチ
20060116121806
本日のランチです。
スープはトマト味ですが、
中身は大根、大根、それに大根のオンパレード。
正直、バスの中がたくわん臭かった

最初に乗った時にかすかな臭い…が自分の周囲に。
これは隣のおばちゃんか、
はたまた向こうの席のおじさんか?

と、上目遣いで探しておりました。

が、しかし、どーーも自分の席から臭うような気配。

トマト味スープなのに、それを覆すかのようなたくわん臭

スープなのに!

会社では、こっそり(しなくてもバレバレ)
レンジで温めて、こそこそと自分の席へ持って行く。

温めれば、それだけ「たく臭」が蔓延しそうなので
軽くチン程度でとどめる。

あ~~この周囲への配慮が
ワタクシの未来を明るい物にするのだと思うのです。

リンゴを丸かじりしながら言っても
意味ないッスけどね。

今日もまたヒッキーは日
どうしてこんなに眠れるのだろうか?
一歩も外へ出ることなく、コンコンと眠り
外の空気に触れることなく大事な日曜日が終わった。

あ、違う、唯一外を感じたのは
友人Y子(仮名)が作ったバウンドケーキを
ドアノブから取る時でした。
(留守と思い、ケーキをノブに引っ掛けていた)

ドアの隙間から空が見えた時
羽ばたいて遠くへ行く自分が見えた。

こうやって堕ちちていくんだと思います。

cake



てやんでぃちくしょーめ!
と、半七は言うのです。
肩で風を切り、相手を見据えて言うのです。

イカすぅ~~~!
かっちょいぃぃ~~~!
画面でこっちを見たら、とろけちゃうくらい。

ジュワ~~~ ←溶けてます

そんな私を夢中にさせるニクイ奴の名前は「半七」。

ケーブルで放送されている
岡本綺堂作の「半七捕物帳」がソレ。

よくある勧善懲悪でなく、
庶民の哀感や江戸の情緒が描かれております。
この主役の真田広之がナイスキャスティング。
視点が今までの捕り物とちょっと違って
羽織りも着てないし、十手もチラチラさせない。

そのヘンの若い兄ちゃんが気張っている感じなの。
その兄ちゃんが事件となると、目が変わる。
そして兄ちゃんはいつも走っている。
今までのどの「捕り物」よりも
走る回数が多いんでないか、とさえ思う。
さすが、元アクション俳優である。

スタッフの「光」のこだわりもいい。
夏の日射しや、冬の日射し、ちゃんと撮り分けているし
人物の影が「光」によって伸びたり縮んだり。
それくらい、カメラは光りの陰影にこだわってます。
ここだったら私も美人へ変身するかもしれません。

音楽のチョイスも他の番組と違う。
粋な風情が見えるようなジャジーな音楽。
エンディングに至っては奥田民生ちゃん。
モノクロの東京に半七が映る。
煙草を吸ったり、端の上に立っていたり
違和感が感じないのはモノクロのすごさなのか
それともアウトローに時代は関係ないのか。

世の中には
「○○○侍」とか「○○○○○○将軍」だとか
「○○黄門」とか「○○○江戸日記」だとかありますが
そんなのにはちーーーーーっとも魅力を感じないの。

ケッです、ケッ。

レッツ・ゴー・半七・ワールド
カモン・江戸
ウィ・ラヴ・捕り物

hanshichi



燃え尽き症候群なのか?
眠くて、眠くて仕方ありませんでした。
昨夜は20時あたりから、睡魔が襲い

ホットカーペットの上で、ぐーすかぴー
ガスストーヴに気をつけながら、ぐーすかぴー
知らない間にクッションを枕にして、ぐーすかぴー

もそもそ23時に起きて歯を磨き
お布団へ直行しました。

もっと、こぅ、日々アクティヴに動きたいと
切に願っているのですが
まだ神様への「願い箱」の中身が多く
聞き届けられないようです。

考えたら一人一枚の願い箱でないもんなぁ~
3コくらいは書いていそうです。
となると、願い箱の中は欲望の渦潮。
とぐろを巻いていそうです。
futon



あまりに笑えるものだったので
20060111151820
思わず撮ってしまった!
情けないんだか、そうでないんだか?
電柱の神様かもしれない。


渋柿
200601101221022
20060110122102
漢字で書くと本当に渋い果物みたいだ。
今日のランチは貧乏ネロランチ。
スープとパンですわ。でも、コーヒーとデザート付き。
このデザートが袋付きのゴージャス果物。シブの部分を排除したらしい。
甘いんだか、そうでないんだがわからない味です。小袋包装でりんごとは一線をおく。

でも、メインは貧乏ネロランチ


“燃え尽きたぜ、おやっさん…真っ白によ”
おめでとう、私たち!
(この日記は私と共に3日間戦った友人MK(まっき~(仮名))に捧げます)

私の戦いは13時38分21秒に終了した。
本当に辛い戦いで、
パトラッシュ、僕はもう疲れたよ、何だかとっても眠いんだ、と
何度も白旗を挙げようと思ったのだが
その度に、“どう?”と
邪魔な、励ましのメールが届く。

しかも真夜中。
ありがとう、MK(まっき~(仮名))!

そう、これはお互いの牽制球というヤツ。
もちろん眠ってなんかないよね、ね、ね?と
相手の状況を確認しあっていたのだ。
それが魔の刻、丑三つ時であっても、私たちには関係ない。
魔が出ても、鬼が出ても、今の私たちなら
桃太郎くらいの力を持っていたと思う。

思えば長い戦いであった。
年末年始の時から構想だけは練りつつも
どうしても文章にうまく繋がらない。
資料だけは準備万端で、私の中での締めきりは5日であった。
今、考えると夢のようなスケジュール。
これから私をウソ子と呼んでくれ。

年末の掃除もせずに、年が明け

明けましたソバを食べている時も、ウソ子の頭は構想中。
姪ッ子とイチゴ狩りに出かけても、ウソ子の頭は構想中。

“お餅何個食べる?”
“2個”と答えつつ、ウソ子の頭は構想中。
新年会でボーリングをしている時も、ウソ子の頭は構想中。
無論、ストライク(2回だけ)で大喜びしている時も
ウソ子の頭は構想中なのだった。


こんなに構想中なのに、
ちーーーーーーーーーっっっっっっとも浮かばない。
それくらい難産でありました。

でも、13時38分21秒に終了を向かえ
この戦いは終わったのです。
後は野となれ山となれ。
第一次を突破するのを祈るだけ。
一応ポストに入れる時に声をかけておいた。
“頼むぞ!”と。

きっとMK(まっき~(仮名))も同じ思いで
宅配便を見送ったハズだ。
“事故ったら許さへんで!”と。

おめでとう、私たち
やったね、私たち
今の気持ちはアレです

“燃え尽きたぜ、おやっさん…真っ白によ”

joe



ストライク!
20060109184508
私じゃないけどな!
新年会で仲良し四人が集まった時にボウリングをした。
その時、友人がストライクを出してもらった景品。袋入りラーメンです。
きっと小袋に入っている薬見はボールの形。


仕事中にごめんなさい!
とても同じ福岡市とは思えません。
市内は雨が降っているだけ
でも、経理の人が乗っているバスは雪の中
チェーンの取り外しで降りた時の撮影らしい。

社内メールで回ってきました。

snow


そして驚くべきこの写真の鮮明さ!
私のとスッゲー差がありませんか?

こんなに違うの?
未来ってコレのこと???

と、雪以上の驚きでアップしたいと思います。
何だかくやしい…

パトラッシュ…ボクはもう疲れたよ…
ブレーカーが落ちるんだ
電子レンジと各部屋(2部屋)の電気を付けて
Macがオンになっている、それだけなのに。

たったそれだけだったのに


真っ暗さ…


傘でブレーカーを上げるのは何回目だろう


マッチ売りの少女を呼んできてクレ。
そこの角にいるから


rain



男子に興味ナシ
だそうだ、私の姪は。
叔母さんとしては、その選択はどうかと思う。
しかもおしゃれに関心がないときた。

おかしい…
家系図ではゴルチェと同じ血筋を持つ由緒ある家柄。
針を持てば神童と呼ばれ
洋服のアイデアを描けば神童と呼ばれ
それは鳳麗華をもしのぐとも言われた。

それとも何か?もっと深い所で人間性が試されているのか?

目先のことに捕われずに
人間の本質を見極めろ、と。

ここで言う本質というのは「針を持てば神童」だ。
世界を針で救う…これなのだ。
何ごとも大きな視点で見つめる心with針。

何か間違ってますか?

hand



小鬼
豆まきの季節でもないのに小鬼が出た
今日は遠縁の所へ姪ッ子を連れて行ったのだが
そこには3匹小鬼が待っていたのである。

やつらはサトウ薬品のおまけのメジャーを持ち
身体を測らせろ、測らせろ、とやってくる。

小鬼は残虐だ。
特に数が増えると余計残酷でもある。
まず、こちらを騙すように腕から測り始め
次は足の長さ。
これはソコソコ長いので、油断したのが間違いだったぜベイビー。
アッと言う間にウエストにやってきた時には遅かった。


95センチーーと叫ぶ声。


ぜったいにお年玉はやらない…と心に決めた日だ。

sato



我が家の隣の犬はアレックス
どうです?
そのふざけた名前。

隣の名字は知らないが
動物病院へ行くと

“田中丸アレックスく~~ん”とか
“城島アレックスく~~ん”なんて言われるんだろう。

その名前のとおり、洋行帰りのような
英語をしゃべりそうなデカイ犬。
モコモコしているので、愛嬌がある犬を演出していると
私は考えております。
あの毛むくじゃらの下にある目は邪悪。

正体を見せろ、田中丸!

dog1

dog2



間に合いませんでした
20060101123307
昨夜食べれなかったので、今日いただきました。
写真に撮ると言ったら、中の餅も見せろ、と母が話してました。
彩り悪いかしら?

我が家の年明けそば
長生きが目標です。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。