スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


漫画強化月間
hsun flower

反則だと思います。この本。
もぅ、表紙を見ただけで「何か哀しい事が起こる」そう思えません???
ひまわりって、黄色で太陽に向かってグングン咲く花ではあるけど
いいイメージないなぁ。
映画も悲しいヤツを思い出すし、派手な印象なだけに余計に反動があるのか?

「星まもる犬」を読み終わった後、随分前に映画で観た「二十日鼠と人間」を思い出した。
mice.jpg
スタインベックの有名な短編小説の映画化です。
俳優のゲイリー・シニーズが最初に撮ったヤツじゃなかったかしら?
これも、もうイントロから“不安”がキラキラ光る南部の小麦畑(だったけ)に見え隠れしとるの。

両作品とも、主人公たちは小さな幸せを毎日そっと積み上げている。
それなのに不安という薄暗い影は、ページをめくるごとにザワザワと集まり始め
胸騒ぎとなって息ができなくなるのだ。

20100613.gif

掃除が進みません…





スポンサーサイト
揺れてゆらゆら~
学びモードに入っているワタクシであります。
いろんなトコへ出かけ、自分探し(←うぎゃぁぁぁ~~~キモぃぃぃぃ!! ケ~~ッペッ!)

ってなことで、前から気になっていたモノと
たまたま校区だよりに入っていたスポーツに挑戦している。

数回トライしている「バウンド テニス」。
これについては後日また書くことにしよう。

さて、昨夜はアレです。
日本のロック「津軽三味線」の教室に出かけてみた。
月2回でのお月謝がナカナカの金額であるさ。
お稽古事とか知らないから、それがフツーなのかどうかの判断がワラワラだが。

ただね、うん、えっと、カッコイィっす。
バチで弦をたたく音に(練習用の三味線だろうと)、やっぱホレボレする。
ジブン、ちょっとこれが弾けるようになるとモテ期に入るのでは?
そんな妄想でさえ爆発しそうな「津軽三味線」であった。
弦にキチンと当てるのも大変だったってのはツッコミしないでいただきたい。

満身創痍で懸命に3番糸を弾くオレの目に入ったモノは…

あれ?
    
先生?常に小指が立っている…
  
その指は???

20100610.gif

その道の人っぽいな、と思ってましたが、ソーデスカ、やはりソーデスカ。


ちょっと待て、ソレはないだろう???
WOWOWで「GOEMON」が放映されていた。
ナンですか?コレ?????

ダークファンタジーはいい。全体が戦国BASARAなのもよかろう。
でもさ、オリジナリティはどこにあるのかな?
単に和洋折衷の組み合わせ、
スターウオーズとかロード・オブ・ザ・リングとかマトリックスとか
よくわかんないけど、全てを大鍋の中にぶち込んで
最終的に病み鍋(ウワ、コレ、「闇鍋」にしたかったのに、妙に正しい誤変換)になっちゃった。

この病み鍋ファンタジーGOEMONの味付けは、一体なんなのかしら?
ヤマキさんでないことだけは約束できる。
強力トリオの「鰹と昆布と醤油」が、あんなヘンなモン作る訳ないもんね。

エンドロールの挿入歌も安いし、ってか、全体に映画の中で使われる音楽はゲンナリものだ。
和洋折衷コスチュームと同じで、記憶のどこかにあるような音ばかり。
しかも、ココで泣け、とか感情を煽るような部分で挿入してくる。

当たり前だけど、「億」の映画なんだよなぁ~
バブル時期に作ったモンでもなし、スポンサーは勇気あるわ。その心意気みたいなのは買う。
何の魔法にかかったかは想像できないけど。

あぁ~~~気分悪いわ。こんな時は今一番のヘビロテJamiroquai/Space Cowboyを聴くのだ。
もう幸せになれる。宇宙に飛べそうな気がするよ。

20100606.gif

お土産は隣の星で買ってきます♪


うっわぁぁぁ~~~~~
すっげぇぇぇぇ~~~~~

アッコちゃんの「右手」から離れられない(「音楽堂」)。

青空の下で聴きたい
大きく深呼吸して聴きたい
高いところから聴きたい
深海から聴きたい
大きな樹の下で聴きたい
空気に抱かれながら聴きたい
音に絡まりながら聴きたい
夜空の下で聴きたい
月を見ながら聴きたい
船に揺られて聴きたい
草の匂いに包まれて聴きたい
誰かと手を握って聴きたい

足りない、足りない、足りない…
20100224.gif
20時頃、月を見ながらウググしていたのはオレです。

home girl journey
懐メロですが、今のヘビー・ローテーションです。

言葉が深い所に潜ってくれないもどかしさ。
これも違う、あれも違う、そっちも違う、首を横に振るばかり。

音のヨシアシなんて、私のヘボ耳はどうでもよくて(いや、そりゃちょっとは分かるけど)
アッコちゃんの、声が、ピアノが空気を掴んで離すタイミングにポロポロ。
よく言われているけど、彼女が唄えば、他人の曲だろう何だろうが
体中に染み渡って、新たな命で再生されるのだ。

全曲好きなんだけど、ここ数日からめ取られているのは
「赤いクーペ」「雷が鳴る前に」「夢を見る人」「世界はゴー・ネクスト」「さすらい」
もう胸がくしゃくしゃになる感じです。
これが好きな人だったら、後ろからハグするに違いない。
前からだってジャンプだ。押し倒しちゃうもんね。

どっか高い空を眺めながら聴きたいな。
カフェオレも持参しちゃう。

あんぱんマンのように、お腹が減ったら隣の人に
私の頭を食べて元気をあげよう。

20091106.gif

正義の味方、キモイのが特徴です。


観ていてイライライライライラ
「刑事ヴァランダー」という作品(3部作)を、風邪引きうっかりは観る(WOWOW)。

んもう前半20分くらいから、バッカじゃないの、とか、人数少なっ、とか
否定的な部分ばかりが目立ってきた。

30分後には、「FBI 行動分析課」を呼べ
ジェットで連携しろ
ホッチナーがくれば1時間で解決だ
リードなら、5分も会話すれば違和感を見つける
仕上げは「ミスター・ドア・キック」で終わりじゃ。
…と、アメリカ脚本に浸食されたうっかりは思った。

それが、3部作全部に思える、スバラシイ作品の全容。←違うか?
主演 ケネス・ブラナー
番宣では、制作費10億って言ってたような?
全部、ケネスの出演料では????
そして北欧の税金なのでは???

内容は、いつものようにブーメラン作品で確認してください。

決して駄作とかでないから余計に辛い。
だって、なんてーの、アレなんですよ。
ダラダラしているの。主役の中年ダメダメ・ケネスが中心となって
作品を引っ張るのだが、本当に彼だけ。
チームは4人、何かあるとスグ所長がやってくる。
3部とも連続殺人だよ?しかも異常者なんですよ?
腕を切られたり、頭の皮を剥がされたり、それって4人で解決することじゃないだろ??

原作を読んでないから、イメージが映像でしかない。
でも、これは、本の中ではアリだけど、現実の捜査ではナイだろう。

極めつけは、唯一犯人を特定できる人にメールで写真を送り
“知ってる人物だったらスグ電話ください”って言っているのに
電話が鳴っているのに、誰も出ないの。
速攻電話が鳴っているにも関わらず、だよ。
みんな他の事をしている。ありえねーだろ!!!

で、外から帰ったチームの一員が受話器を取り
“電話ですよ”とダメダメ・ケネスに言うと
“今はダメだ、後にしろ”

は???

え?、コレ何かのトラップ?伏線があるの?私見逃した???
重要な電話って解っているのに、電話に出ない
俳優の細かな動きについてけなかったかしら?
そう思って、続きを観ていたら…
フツーに代わってやんの、驚いてやんの。
これがイライラしなくて、何をイライラすると言うのでしょうか??

映像はいい。風と光の陰影は北欧の冷たさを感じるし
雨粒でさえも寒々しく見える。
麦や花畑の葉が揺れは、飛び込みたくなる衝動を押さえるのに大変だった。

あぁ、それなのに、それなのに…
脚本が映像主義なのか、内容主義なのか…どっちなんじゃぁぁぁ。

20090517.gif
お風呂に入れないので、足浴中。
最近のお気に入り、エヘッ♪



怖かった
いや、ホラーの怖さでなく心理的な恐怖。

原作も知らず、ただ、何となく観てた映画(WOWOW)でありました。
「the mist(霧)」原作はスティーブン・キング

途中、ある物体が出て来た時に、”ナニ、これ、キングなの??”と苦笑いした。
大体においてキングの原作を映像化すると、私的には「失敗」の文字がチラツクのだ。
あの膨大な文字量をたったの2時間ちょっとにするなんて、難しいに決まってるもん。
だけど、この映画が成功です、嫌な気持ちで成功してます。
気軽にポップコーンとかアイスクリームとか食べながら観ない方がいい、って
ことだけお知らせしておきましょう。

まぁ、映画に話を戻すと…
ここから内容の話になります。
なので、もし誰かレンタルしようと思うのなら、読まない方がいいですよ。

で、映画だ。

ふぅ~~~、スガスガしくない気持ちで終わります。
最後の10分、いや、ラスト5分で吐きそうになっちゃう、って書いた方が正しいかな?
映画の前半戦は、人間群像劇となり、どんどん心理描写に特化してくる。
これはキングお手の物。
そして後半からが、性悪説が正しいのでは…と思えるような展開にかわるの。
主人公たちがマーケットを離れ、ともかく逃げる、そして逃げ切る
霧が晴れる…と、まぁ、テキトーに考えていたの。
逃げ切れないなら、ヤツらに食べられる瞬間で終わり…的に?

でもね、そのどちらでもないのですよ、奥サマ。
このどちらかならば、本当にヨカッタ。人間の業がどこまで深く落ちるか
知らされるハメにならなくてすむもん。

萩尾望都のマンガのタイトル「残酷な神が支配する」って言葉が
この驚愕のエンディングにピッタリ。

20090428.gif
あまりに重い気持ちなので、「ウフフ、アハハハハ」花畑作戦を決行する。
おく~~~~~~~~の方に、未来の彼がいるハズだ。
私には見えないが。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。