スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤマキさん 研究員バグ、今回は頂上へ登りましたよ!
第五弾 失敗からの復活 マシュマロ+めんつゆのコラボ(アイス編 プルプル寒天編)
***********

<アイス編>
ヤマキ担当 柊俊太郎(仮名)さん、ごめんなさい。
そう思っていた「めんつゆアイス」の失敗。

あ、いや、言い訳ではないのだが、完全なる失敗ではない。
そこん所はご理解いただきたいと思うの。
バグうっかりは、そこはかとなくチャレンジャー精神が旺盛で
そこはかとなく間違いも恐れないし
そこはかとなくアイデアがトイレで浮かぶのです。
バグなのでトイレ?というツッコミはナシで。

さて、前回もポッップコーーーーーーーンは2度チャレンジして
2度目に頂上に登った感があった。ね、あったよね、ね、ね?????
私は使い勝手のいい「めんつゆ寒天」を使い、アイスを作ってみてはどうだろう?と考えた。

材料
めんつゆ寒天 大さじ3くらい?
マシュマロ  13コくらい?
牛乳     200ccくらい?




温めると溶けるらしいマシュマロに「めんつゆ寒天」を入れ
再度溶かして、そのまんま冷凍庫へ。








え~~っと、ここで1度目の失敗は終わります。
アイスになったブツを撮り忘れました、ガツガツ食べてしまった…。
っつか、アレだったの。
クリームというよりも、シャーベットみたくなっていて頑固なのよ、スプーンが入らない。

失敗した

そう思った瞬間だったね。
味は悪くないのだけど、ともかく美味しそうに見えないのよ。
第一印象主義の私は、コレはとても許せない。

ここはひとまず撤退しよう…、攻める時も撤退の時もタイミングが大事。
私とヤマキ担当 柊俊太郎さんとの戦い(←目標が間違っている)は、こんなモンじゃない。
キチッと対峙して、お互いの良さをアピールできない戦いなら
それはどこかで間違っている。
今回のブツで柊さんは“バグもここまで?”と思うかも知れない。
いいの、負けない。私はヤマキトロフィーを目指すんだもん、やるわ!

…とここまでは3週間前くらいでしょうか?
その後、ちと体調を崩し、柊さんと戦えないオレでありましたよ。
でもね、でもね、「めんつゆクン」は私の味方だったね。
バグがお気に入りのようだね、ここに住みたい、そう言っているような作品が仕上がった。

<プルプル寒天編>++++++++



いかがでしょうか?コレ。

正直に言うと、コレはその辺りの店で出してもいいよ、ってくらいのクオリティーの高さです。
ポップコーーーーンが映画鑑賞の頂点としたらば、
今回のソレは、昼下がり、大好きな人たちとおしゃべりしながら、の頂点でしょう。
なんか、イマイチの言葉だが、本当にイケたね。
オレ、ちょっと一気に美味しいもの作りに成功しちゃったね。

材料↓




マシュマロ 15コくらい?
寒天   
水     200cc
ヤマキさん めんつゆ 大さじ3くらい?
牛乳少々

作り方は「アイス」と同じで、マシュマロを溶かすだけ。
先に寒天を溶かし、その後でマシュマロを投入。なんとなく濃い感じがするので
雰囲気牛乳をちょっといれ、その後で「ヤマキめんつゆ」をドドドと入れるのだ。
大さじなんて書いているけど、よくわかりません。
ただ、怖がらないで欲しい、マシュマロの甘みを信じて欲しいのよ。
たいがいなモノはマシュマロの中で融合されます、ヤマキさんだけが突出しません。

だってね、食べたら「キャラメル」の味になっちゃってんだもん。

キャラメルですよ、キャラメル。

この微妙な加減は、作らないとわからないと思う。
あんまり少ないとマシュマロにやられるのは必須なので、
そこは一つ勇気を出して、ドドドと。
私は1秒くらいは入れた。




んで、いつものように固めた。
写真が臨場感ありすぎでスマンっす。
ひとくち食べたら、美味しくて感動したので
さっさとプレゼン用に作ってしまったのよ、仕方ないじゃ~~~~ん!




なんてステキな夏甘味。
味は、先に書いたようにキャラメルっぽいのです。
これはマシュマロとの組み合わせなんだろうな。
主体のマシュマロの味に感化されるのだと思われます。
だから、例えばバナナ味のマシュマロだと、それがどう作用されるかは
これからの研究にかかっている。




でね、プルプル寒天は甘いから、酸味のあるフルーツを組み合わせると
アナタ、もぅ、大変な事になるザマスよ。
これは、ものすごく簡単で所要時間も10分くらい。
寒天が冷えれば食べられます。

あ、一つ反省することがあるなら、寒天の色がめんつゆによって、やや醤油色なの。
別にまったく気にする色ではないけど
杏仁のように真っ白にはなりません。
でも、杏仁には負けない美味しさはお約束します。

お試しあれ♪
20100619-1.gif
欲しい…

※冷やして食べたらキャラメル味は少し消えていました。
甘さもかなり軽減されて、めちゃ食べやすい。
あぁ~コレいけるわ。
私のパーティ・レパートリーに入れます。

スポンサーサイト
ヤマキさん チョイがけ研究員主任への道は果てしなく遠い
第四弾 岩だろうか?溶岩だろうか? 4
*********************************************************
成功したものばかりを書くなんて、研究員としてイケナイと思うの。
やはり、どこをどのように失敗したか…
たしかに“第三弾には書いてんじゃん?やってんじゃん”と思われるでしょう。

でも、あんなポップコーーーーンなんて失敗しても痛みは少ない。
マズクなる理由がないキャラメルだもん。
一粒で2度美味しい、カロリー満点の茶色の粘着質だもん。
登山のお供、犬、猫、雉、猿、キャラメル、マヨネーズ、のキャラメルよ。
あぁ~最強の人を準備しとくんだったなぁ…

ヤマキ担当 柊俊太郎(仮名)さん、ごめんなさい。
今回の実験はダメでした。
私の脳内実験では、ものすごく美味しそうに仕上がるのだけど
脳内のワシとリアルワシでは、腕前に差がありすぎた。
アイデアは悪くないと思うのです。
いや、オレ的には「これぞ実験では?」の意気込みではあります。
“白衣はどこ?ビーカーはどこ?ピンセットはどこ?”
そう思いつつ、朝の6時から作りましたよ。

で、どうなの?その結果、はよ言え、さっさと自爆しろ。
ヤマキ担当 柊俊太郎(仮名)さんの声が聞こえる。

********
「作りたかったのはスクロールパンなんです!」

moblog_f6d36f90.jpg

材料
ホットケーキの粉200g     1
豆腐(写真に入れ忘れた)   半丁
スライスチーズ 3枚
ヤマキめんつゆ        大さじ7くらい?

仕込みは昨夜から始まる。
写真でおわかり(?)のように、ヤマキさんを固めてみました。
moblog_b4a75f29.jpg

右側の羊羹になってるのが、寒天で固めたヤマキさん めんつゆ
配合は全く未知数の料理だったので、濃いめにしたつもり。
液体よりも、個体にした方が塗りやすいし扱いやすいんじゃないかってずっと考えていた。
実際マーガリンのように使うには、この形態はピッタリ。

早速パンだねに塗り、チーズを重ねてロール状にし
それを焼いて出来上がり!ホラ、美味しい!

のつもりでした。

が、出来上がったのは…

moblog_f5aaeacc.jpg

ナニそれ????



パン作りはヘタじゃない。…と思う。
妙なモノを作ったりすぐけど、かねがね好評なハズ(←オレ視線)。
石になったり、砂漠で食べたくないものを(喉が渇く)作ってしまうが
アイデアは悪くないのよ、本当に(←さらにオレ視線)。
キャラメルポックコーーーンだって、昔、スコーンにキャラメル入れて
めちゃ美味しかった経験から出て来たアイデア(←強調オレ視線)。

何が中途半端だったのか?ついホットケーキの粉を利用して
尚かつ増量の為に「豆腐」を投入したのが敗因なんだろうか?
そして、「のり巻き」を作ったコトがないってのも大きな「負け」の原因では?

色々言いますが、ともかく、柔らかすぎて、掴めなかった…
のり巻きで決してやってはいけないこと、「具材大量投入」も問題を大きくした。

フツーのことが、フツーにできないワシ。
しょんぼり。

勇気をもって切ったね。

moblog_685aa658.jpg


アレ?意外によくね?
なんだ、切ると、良さげじゃん??

で、食べてみました。パクリ。
惜しい…

次回の巻き返し作戦は決まった。大成功すると思う。
ヤマキ担当 柊俊太郎(仮名)さん、バグうっかりにお任せください。

今回の分量では、控えめすぎました。
全体に薄味のワシでも、物足りないもの。

ただ、本当に分量なのかってのは大きな問題になる。
つまり、私は市販の材料を使っているので、当たり前だが色んな素材が入っている(砂糖、塩等)。
加えてめんつゆを投入になると、味の引き算がうまくいかなかったんでないかしら?

成功の鍵は、どの部署に強化策を取るかってことだ。
あんなにバリバリ塗ったのに、ヤマキさん めんつゆは本当に控えめだ。
切り口に色も付いてないよ。でも、ダシの味はある、きちんと出ている。

なので、ワシ的にはチーズ部門の強化に入りたい。
ペロリンのチーズなんて、正直キライなの。でも、つい金銭的な事も考えやっちゃったのがイカンかった。
ここはガツンとチーズをゴロゴロやっちゃっていいのではないだろうか?

次回は、チーズも2種類くらいやってみようかな?
クリームとカッテージチーズの2本立て。

だって、今回のチーズとめんつゆしっとりチーズ配合地帯は味加減がバッチリだったの。
最初の一口は、目算を間違え入れず
二口目からしっとりチーズ配合地帯にゆっくりモグモグできた。

写真はイマイチだが、まあ、いいか。
ここはsteppingstoneだわよ。
ワシの問題って写真もあるんじゃね?

薄味に感じた一口パクリ目だったけど、食べ終わったら口の中にちゃんとめんつゆがいる。
これ以上「寒天めんつゆ」を入れると全体のバランスが失われるように思えて来た。

うん、やっぱり乳製品部門だな。キミらにお願いするよ。

20100609.gif

オーブンで「もどき」を見た時のショーゲキがおわかりだろうか?

やったわ♪今回は同じ材料で2度チャレンジ
第三弾 映画のお供、ポップコーーーーーーン/チョイがけ研究員報告 3
*********************************************************
え?何?天才?そう言ってくれてるかしら?
ジーニアス??
まぁ、ねぇ、そうかもしれないわ、オレ。

バグでニンテーされ、38年。
3度目にして、大成功かもしれません。
あ、正直に書くと3+1ってトコでしょうか?

ヤマキ担当 柊俊太郎(仮名)さんも、今回の実験ならば
“ちょっと自宅で妻に作らせてみよう”と思ってくれるハズ。
ポップコーンなので、大量にできます。
どうぞ、自宅で映画を観る時にトライしてください。
映画は、アクションもので、スカッと来るのがいいかもしれない。
間違ってもアンニュイ・おフランス映画をお選びにならないよう。

映画のお供、ポップコーーーーーンの作り方。
めちゃくちゃシンプルです。

ただ、シンプルですが、バグうっかりは、2度チャレンジしました。
最初のは美味しかったんです、マジで。
多分、味的にはヤマキさんの塩味が効いていた。
でも、いかんせんモゲ写真に問題があり、ちっとも美味しそうに見えないの。
ショボイ写真にしか見えないの。
ここは一つ、ワタクシの近代遺産の師匠に「坑道とポップコーン」というタイトルで
バシバシ撮っていただきたい、そう考えたくらいよ。

雪辱戦の為、週末を待って再チャレンジ。
一つのモゲ写真の為に、料理(なのか?)を作るバグうっかり。
特選になりたいなぁ~、この心意気で「特選」どうかなぁ???
(目線は、ヤマキ担当 柊俊太郎(仮名)さんあて)

さてさて、レシピはアレだけど長文です。
カフェオレ・ジンジャーでも準備して、スクロールを下げてくんろ。
読み終わったら、「キャラメルと乾燥トウモロコシ」を買いに出かけてくれたらうれしい。

poppoppoppopoppoppcoooooooooooooooooooooooooooooooooon♪

「映画のお供、ポップコーーーーーーンへの長き道」

★PON 1度目★




材料
ポップコーーーーンの種(?)、乾燥とうもろこし フライパンの底が軽く埋まるくらい
(最終的にはラーメンどんぶり(?)2コ分くらいになった)
キャラメル   5コ
ヤマキめんつゆ 大さじ2
マーガリン   小さじ1

塩も砂糖も使わず、市販の材料(キャラメル)を組み合わせてみた。
塩は、ポップコーーーーンを作る時に使ったマーガリンに入っているし
ヤマキさんにも入っているので、未使用でも十分に味は出る。

キャラメルは、電子レンジで温め(間違っても加熱し過ぎないよう、爆発します(経験した))
溶けたらヤマキさんを投入。混ぜ合わせて「塩キャラメル」もどき液体を作る。
(砂糖でキャラメルを作るのが面倒でない方は、自前キャラメルで挑戦してみて。




パチパチ弾けて、音が静かになったら「塩キャラメル」もどき液体を入れからめる。
またまた写真がイマイチですが、味はしっかり付いています。

どんな味になるかって言うと、軽めの塩キャラメルかしら?
キャラメルのくどさはめんつゆによって軽減され、
大量に食べてもバターや砂糖が口の中を威張ってないのだな。
隠し味的なめんつゆが縁の下の力持ちみたく、ポップコーーーンを応援している。

<反省点>
キャラメルとヤマキさんを加熱し過ぎで、かなりの量を減らしてしまった。
味はくどくなかったけど、もう少しキャラメルがポップコーンにからまるのが
美味しそうに見えるんじゃないかな。

★PON 2度目★*********************

moblog_deb463cd.jpg

材料
ポップコーーーーンの種(?)、大さじ2と少し
キャラメル   4コ
ヤマキめんつゆ 大さじ1

今回はどれだけ失敗してもいいように、ジャンボキャラメル(300円)を購入。
キャラメルポップコーーーーンは、結構お金使うわ。
本当はめちゃ安くできるのに…オレのバカ。

「PON 1度目」ではフライパン+油使用だったけど、今回は電子レンジ+油未使用でトライ。
量も全体的に減らしてみた。
実験的に電子レンジ使用でわかったことは、半分くらい粒が残りやすい。
悔しいから、フライパンに途中変更して全部弾けさせちゃった。
もし、トライされる方は上記を考えながらやってみてください。

そして「キャラメルとヤマキさん」これも、今回は15秒、とかを繰り返して溶かし具合をチェック。
少し漏れたけど、大体はオッケーかな。

弾け終わったポップコーン(塩+油ナシ)に、「キャラメルとヤマキさん」を投入。
一気にかき混ぜに入ります。ここでヤマキさんを「チョイがけ」しても可。
今回に限って言えば、「チョイがけ」しなさい。

moblog_07d20e8f.jpg

で、こうなった。
美味しそうに見えるかはアレですが、まぁ、最初よりはいいよね。
安心、安心。

<反省点>
2度目では、大まかには大成功。
前回と比較すると塩味がちょっと弱い気がした。マーガリン未使用も塩味に影響したのかな?
そのあたりが、キャラメルポップコーーーン上達の道かもしれない。
ただ、ヤマキさんはしかkり仕事しているし、美味しいってのは保証します。
…って、バグうっかりが保証していいのかってのも問題だが。

poppoppoppopoppoppcoooooooooooooooooooooooooooooooooon♪

しかし、えらいぞ「めんつゆ」。
世が世なら(付け汁界)、キミは天下を取っていただろう。
暑くてセミが鳴いている八月、遠く雷の音が響く気だるい午後
縁側の風鈴がチリリンと鳴る。
めんつゆのガラス器には、水滴が光り、その中に風鈴が写る。
あぁ~、そんなのんびりした日々、だけど、主役はオレ(そうめんつゆ)。

なのに、「映画のお供 ポップコーーーーン」では、いい仕事をしているのに
決して前に出てようとしない。
口の中で、あれ?、醤油?塩?ナニ、何が入っているの?
そう問われない限り、自分の身分を証はしないのだ。

漢だぜ、めんつゆ。

20100529.gif

「お近くに来られた際は、お寄りください」と、定番メッセージをカードに書く。

ヤ、ヤ、ヤマキさん!こ、こ、これは悪くないんじゃないのけ?
第二弾 焼うどん、でも、そう言い切れないナニか/チョイがけ研究員報告 2
*********************************************************

今回は「やった!」とココロにサインを送る。

第一弾「素スープ」には、ヤマキ担当 柊俊太郎(仮名)さんもガッカリしたと思う。
バグなりに期待していたのに…そんな彼の心の声が聞こえる。

でもね、でもね、でもね、第二弾はイケます。
やりました。
一週間練りにねったアイデア…ではありませんが、
作りながら考えたアイデアと、告白しておきましょう。

写真がイマイチなのがちょっとヨロシクナイけれど
定食屋評論家がいたら、味はまぁイケるんじゃないの?と、言ってくれるハズ。

本当はマジで、焼うどんに使われる
ウスターソース+ヤマキさんの異色コラボの予定でした。
ところが、ウスターソースが我が家になかったのですね~~~~。

そこで、バグは考えた。
ヤマキさん+ごまドレッシング+わさびニョロニョロ
「ヤマキさん+ごまドレッシング」で終わってもいいのだが
「わさびニョロニョロ」を入れることで、味に締まりが出るのだ。

イメージとしては、アボガドのわさび醤油。
ねっとり濃い食べ物に、わさびはさわやかな風なのである。

“ダリ~~なぁ、ちと単調な味なんやない?”と口内は言う。
でも、そこにわさびが入ることによって、
身が引き締まる思いってのか、ツバメがスッと道を道路スレスレに飛ぶ格好良さってのかな?
“アレ、アレ、さっきと同じ人?、なんか、背筋も伸びてイケテる”
そう改めてモテモテになること間違いなしだ。




材料:冷凍うどん、もやし、えのき、にら、きゅうり
(ヤマキさん+ごまドレッシング+わさびニョロニョロ
わさびは、思い切ってたくさん入れないと味に変化が見られない。
ここは鼻ツーンを怖がっていてはダメ。

ヤマキさんとごまドレの対比は1:1でお願いしたい。
そうじゃないと、思い切ったニョロわさびが効果ないんだな、多分。

焼うどんだから温かいけど、冷やしうどんにしてもイケるハズ。
この時は、アボガドとか、水菜がヨロシイのではないだろうか?
あ、今、ちょっとかっこよく意見言ってない、オレ???、ね、そんな感じしなかった?
でも、バグだから、失敗しても「文句メール」なんか出してはイケンよ。

20100521.gif
注意することは、歯に「にら」が引っかかったりすること。







ヤマキさんを飲もうと思うの。
第一弾 素スープ/チョイがけ研究員報告 1
*******************************************

さすが仕事の早いヤマキさんである。
ブログにニンテーの事を書いた次の日には、現物支給があった。




認定お知らせメールには「ブツは2週間くらいかかるけど、待ってって♪」だったのに
翌日には届くんだもん、すごいよね、ヤマキさんの意気込み。

ごめんね、バグでニンテーされちゃって。

で、考えた。
やっぱ、アレかな、笑いを取るべきなんじゃないかしら?と。
きっと他の人たちは料理ブログとか、ちゃんとしたヤツかもしんないし
アイデアだって満載のブログも多いと思うの。

で、考えた。
ワシはバグだし、アレなんじゃないか、こう「笑い」を求められているのでは?と
飲もう、うん。飲むってコトを第一弾にしてはいかがか?
料理に「チョイがけ」は、次にするってことにして


今回は「飲もう」。

が、準備していたら、さすがに「濃縮」で飲むのも命のキケンがありそうだから
牛乳で割ることを考えた。
っつか、それって「スープやん」って思った??、ね、思った???

私も作る直前にわかった、“あ、コレってただの素スープだ”。
“ナニそれ、鍋とかにあるじゃん、ズルじゃん!”と思うでしょ?
たしかに、オリジナルではない、が、ま、いいの、いいの。
バグだから。



(牛乳+黒胡椒+ヤマキさん 小さじ1.5(くらい?))

一応、オサレブログを意識して、自作のお椀で一枚撮る。

見た目はアレですが、味はいいです。
温めもいいけど、冷たいスープにもイケそう。
水菜とか、軽く入れるとさらにグレードアップ。
金銭的に余裕ないなら「素スープ」でも問題ナシっすよ。
その際は「黒胡椒たっぷし」をお忘れなく。
甘ったるいミルクの感覚が消え、ピリリとした味のスープになります。

20100517.gif

自己紹介の時は、ちょっぴりハズかしい。テヘッ♪

あれま、認定されちゃったよ
いいのかオレで?本気かヤマキさん??
そう言いたくなる「チョイがけ研究員」認定であるさ。
(「チョイがけ研究員」とは、
『「めんつゆ」を料理に使って新しい可能性を追求する』ってモノ。)

いっやぁ~~、応募してもムリだろうな、と思っていただけにウレシイ。
だって、ワシのブログって読んでる人も少ないし
料理ブログでも、オサレブログでも、クールブログでもなく
あえてカテゴリーで分けるなら「モゲ・ブログ」だよね。
しかも、「モゲ」って何?ってのが一般的な意見かもしれん。
選ぶ基準って何なのかしら?
コレはあれか?料理得意な人たちの中に、異物(ワシ)を混入して
メリハリを付けるってやつ??
でも、異物は「モゲ画」以外ないんだけどなぁ。
ハッしまった。自分の画を異物と認定しているよ。チッ。

ま、いいや。
ニンテー、ニンテー、ニンテー。

ともかく料理から遠い所で、他のニンテー者と勝負だな。(←目的を見失っている)
まずは、勝手にニンテーバッジとか作るか?

20100515-1.jpg

うっわ~~~~つまんね~~~~デザイン。
ただ描いただけってのがダサダサ。ハズい。

後でやり直しだ!!!

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。