スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金魚と歯茎と青空と
昨日汗だくになりながら向かった先は、ココ「金魚と鯉の郷」です。
20130504.jpg

前日に日立造船所見学ツアーについて連絡すると
9時30分から整理券を配るらしい。
私の目的は、プラチナチケットを手に入れて、無機質な美を堪能する予定だったのだ。
なが〜〜〜い道のりを、ソレを楽しみに歩いたんだよ、うん、うん。
ところが…私が到着した時は、すでに遅し。造船所ツアー申し込みは1時間で完了。
明日も来る元気は持ち合わせていないので
次回(10月)は朝一番で整理券を手に入れたいと思う。

ガックリ肩を落としていてはイケナイ。
せめてご飯でも、飲み物でも…と目をうつろにさまよってみたものの大変な人ごみ。

20130504-2.jpg

座る場所さえも確保できず、疲れもピークになりつつも金魚すくいもやってみたい。
そんな中なんとか人の輪にもぐりこんで手に入れた金魚がコレ。
(帰宅途中、養子入りしました)

20130504-3.jpg

もっと真っ黒な金魚を狙っていたのだが、全然水面に上がってきてくれないの。
ヘタすると薄い紙が破れそうで、ドキドキしちゃった。

一匹取れたら、気を良くして「九州金魚すくい選手権」に参加。
ゼッケン121番!むろん一回戦で敗退ッス。
20130504-4.jpg

いやぁ〜金魚すくいを最後にしたのはいつだっけ?
…と、今日は金魚武勇伝を大げさに書くつもりが
昨夜から異変があった歯茎問題が悪化しました。
左の顔が腫れちゃって、朝から武勇伝どころの騒ぎではありません。

異常に痛みに弱いワタスは、悩んだ末に歯医者さんに行くことを決意。
知らないトコって不安だから我慢してたんだけど
連休はまだまだ先があるから、心配になってきたのだ。

あまりの状況に右往左往しつつ、歯医医院に連絡した時
「今日は開業していますか?」と言ってしもた!!!
「え?開業って…」と苦笑いされちまった。
だよね〜、だよね〜〜、すべて歯茎が悪いんデス、歯茎の腫れが
私の「うっかり度数」をアップするのだ。

20130504-5.jpg
ポテトヘッド降臨

スポンサーサイト
春日神社(春日市)
ずっと気になっていた春日神社(福岡県春日市春日1丁目110番地)に出かけた。
神社建築では心を揺さぶられなかったのだけど
思わず口をアングリしたのだよ。

20130430.jpg

これだけでは、楠(多分)の巨大さがわからないよね。
大人が手を繋いで何人分だろうか…ってか、幹と根っこが合体していて
どこからそれぞれの領域が区分けしていない。

こんな楠がゴロゴロしている。
それが春日神社なのだった。
(詳しい事は、また後で補足しま〜〜す。)

アクセスがいいのか、悪いのかわからなけど
日差しは強いし、バスは3回乗り換えが必要だし、待ち時間は長いし
しししーーーッの神社。

2013030-2.jpg

巨木鑑賞のルールは、55分程度は口をアングリすること。

ぶらぶらぶ~ら、旅は続くよ
(今日もなが~~~~~~~~い)
うっかりの朝は早起きだ。

ソフトの本も買っているし、勉強しないとダメなんだけど
天気もいいし、ホリデーアクトパスで「お徳」になった気分にならないので
(大川の時も忘れたしさ)
今日はどこかバスの旅に出ようと思った。

だが、狙っている(近場のハズ)場所のバス停を検索してもちっとも引っかからない。
ホリデーアクトパスをフル利用している方々のブログをチェックすると
どうもかなりの路線が廃線となったようだ。

ここもか…、ここもか…そう思いながらチェック。
そして何度も何度も「廃線」の文字を見つけるのだったよ。しょんぼり…
だんだんと行く気がなくなってくる。

こうなったら、ワタクシ、本当に行き当たりばったりの旅をすることにした。
近くのバス停で一番に来たのに乗るもんね。
んでもって、適当なトコで降りたりするもんね、
あまりの方向音痴さに、このアイデアは受け入れたことないけど
今回ばかりはやってみる。

そう思って、部屋を後にするのよ、どうさ、自由人みたいやろ?
でもね、行く場所を決めてないって不安でしょうがありません。
だって降りた場所に何があるかわからないし、それに帰りのバスの時間だって見えないもん。
オトナになってる私は、すぐに不安になるのだ。
じゃ何故行くの?なんて思っちゃダメ。

“現地に着いたらケータイで調べればいいやん♪”そう思うかしら????
私はね、キライなのだ。
現地で色々チェックするなんて、私にとっては「負け決定」なの。

ドアを一歩で出たら、ケータイはモゲカメラと時計の役目しかない。
情報は事前に調べたもの(バスの時間だけと、目的地の名前だけだが)のみ。
後は、人に訊く
迷って、怒って、ションボリして、あぁ~~~着いたぁぁぁ~~
こうやって旅するのだな。

そうそう、今回最初に来たバスは「那珂川営業所行き」。
何度か乗ったことあるけど、行き先を決めないで乗ったことはない。
どこで降りるか決めてないから、もう目をキョロキョロ。
「緑園(?)」ってトコの近くで、カッコイイ何かを発見。
住宅地の中にピョコンと立っていた。
20100502.gif
一体何なのだろう??????
周辺に神社らしきものもあったから、帰りに降りよう…と思ってスルーした。
(でも、帰りは違うルートのバスだった。グッスン) 

結局、終点の「那珂川営業所」まで乗る。
緑園以外は降りたい雰囲気がなかったのだなぁ。

バス停を降りたら、ヒマになった。
だって、バスは本当に行き止まりなワケよ。
え?こっからどこにも行けないの???全部やっぱ廃線????
そこでコミュニティバスの地図を見ていたら、「現人神社」の文字を発見。

ココだ、ココにしよう。
なんか検索していた時に見つけたような気がする。
場所は覚えてないけど、プランBは準備していない。
もう「現人神社」コレ、このプランAよ!!

で、どっちだ?どっちに歩けばいいの????????
何となくこっちか?と、いつものように歩き出す。
コンビニを見つけて、水を購入した時に道を訊く。

バッチリだ、今回は、行き当たりばったりだけど、すべてが順調。
あぁ~こんな時もあるのね。

そう思って、日差しに負けそうになりながらサクサク歩く。

ありましたよ、ありましたよ、プランA「現人神社」であります。
住宅地の中に、地元の人に愛されてる雰囲気バンバンで佇んでいた。



このご神木が、とてもヨカッタ。
枝も茂っている葉も、いい具合に広がっているのだね。
下にいたら気持ちいいの。




で、コレが後ろにあった。
写真が小さいので見えないだろうけど、左下に置いてある石仏。
今風の顔はなぜかしら?




電話して訊いてみたら、
三角の石は、神功を祀っている。
石仏は「誰かが置いてるらしい」。捨てるワケにもいかないのでそのまま、との事。
こっそり置くなんてすげ~。神功と一緒に置こうなんざ、考えないよね。

一通り、木々に挨拶が終わったら、後はトコトコ帰った。
途中『ロシアンカフェ「プローシャチ」』を発見。

歩き疲れたし、ちょっとお茶でも…と思いつつ、入ってみる。
マトリョーシカもロシア民謡も流れていない。
おしゃれなイタリアンの雰囲気なのだよ。
だが、ロシア料理。
行ったことないけど、ピロシキよ、ボルシチよ、きのこよ。

悩みに悩んで、1100円のコースを。










美味しかった~~。
サラダは新鮮で、たっぷり。ピロシキももう一個欲しい気分だし
きのこに至っては、あぁ~~ん、アツアツでモグモグです。
ちょっとお得なのでは???

お腹も大満足で、お支払いをしていたら、
私より先に入っていた妙齢女子の人が話しかけてきた。
バス旅の事を調子にのって話してたら…

“お急ぎでなかったら、一緒にお茶でも飲みませんか?お支払いは私が…”と。

え????(何故、男子に言われないのか、この黄金の言葉)
じゃ、ちょっとおしゃべりを…
ここで、40分くらいお茶を一緒にして、色々話すのだった。
もちろんお茶代は自分で払ったよ。

この妙齢女子の一言が印象的だった。
昔、彼女は泳げなかったの。溺れたら、この水を全部飲まないと死ぬな…と考えていたらしい。
いいね~~~、このプラス思考。
表情も明るくて、サバサバしていた方であった。
きっとお仕事をしていた時も、テキパキこなしていたんだろうな。

人生って面白い。
朝は目的もない旅に出て、目的を見つけたと思って神社を探し
それを達成して帰るだけ、そう思っていたらお茶に誘われる。
ドアはどこにでもあるんだな。
そう考えながら、バス停目指して歩いていたら
妙齢女子が運転する車は、クラクションを軽く鳴らして去っていった。

カッコイイ。

さて、バスはすぐにやって来た。
帰りに一度乗り換えたバス停の近くに和菓子屋さん。




看板に「麩饅頭」の文字。
あぁ~~あぁ~~~私は「麩饅頭」が大好きなの。
しかも、ココのは季節なのかな、よもぎが入っていて、美味しかった~~~。
お家でもぐもーーーぐ。
20100502-1.gif
さて、私の本日のカロリーは???



今日は長いよ。
なんというかさ、アレですよね。
私は何度も書きますが「方向音痴」女王と自負している。
そこに行くまでに、方々に迷惑をかけてしまうのだ。
本人的には、ちゃんとしているつもりだからタチ悪い。

さて、今回だ。
昨日は大川市の「旧吉原家住宅」を見に行こうと思った(宿場町を歩くイベント)。
その近くに「昇開橋」があるんだ。
一度行きたいと思ってはトライしたけど、断念した場所。
近代遺産の師匠が撮った写真を見て、さらに思ったもんね。

でも、冒頭で述べたように、方向音痴、そして運転できないオレが
どうやって行けるのかしら?
バスか、バスだけだよね???

そんな気持ちで望んだ大川行き。
シャトルバスが動いている、と思っていたのが、実は宿場町周辺であることを知る。
そして、近くまで行くには2本のバスしか動いていない。
残念なことに、バスは30分待ち…のキビシイ状況になっていた。

20100425.gif

駅の観光案内女子に諭される始末。

でも、私はホリデーアクトバスは忘れるわ、時間もアレだわ、で
行く気がどんどん失せてしまったのね。
せっかく来たのに…と思われるでしょうが、うっかりはそんなヤツです。
急に面倒になっちゃうの。イケナイ所だ。

それを観光案内女子から
20100425-1.gif
ここまで待ったんです。2番バス停までソコですから…と背中を押される。
(モゲ色がヘンだが、一発勝負なので変更はムリ)

バスは時間通りにやってきて、快適な旅となるハズだった…の。
だが、降りた途端、いや、正確にはイベントの旗がある場所まで歩いた所はよかった。
そこからが、迷いのループ、どこかのだれかの魔法(自分マジック?)にかかり
20100425-2.gif
橋を渡って曲がったまではヨカッタ。
ここまでは正解だったの。

ところが、ここからがイケマセン。
看板がなくて、道を尋ねようにも人は通らないし、
不安材料の自分のカンだけを頼りに歩いたのだよ。

そして、30分くらい歩いたところで、思い切ってお店に入った。
なんと、私は降りたバス地点の近くまでぐるりと回って戻ってきている…らしいの。
でもね、でもね、どれだけ説明されてもまったく理解できなくて
一体どこで間違ったのか、何が悪かったのか?????

20100425-3.gif
私のショックと怒りに、お店の奥さんは親身になってくれて
自転車を貸してあげようか…と提案してくれた。

えぇぇぇぇ~~~~~、いいんですか!!!!←借りる気満々

と喜んでいたら、ご主人登場。
やさしく道を教えてくれたのだった。
ところが、途中から、自転車を貸したら戻すのに、またここまで戻って来なくてはいけないから
もう、イベント会場まで車で送ってあげましょう、とさらなる提案。

えぇぇぇ~~~うれしぃぃぃぃぃ~~~~~、本当にいいのですか?
私は断りませんよ!!
大川市の人は本当に親切だった。どうもありがとうです。
お店にいたお客さんと奥様には、大笑いされながら、私はイベント会場で向かったのだった。

知らない人の車で。

車で行くと、本当に数分。
あんなに歩いたのがウソみたいな距離さ。

宿場町ウォークは人も多く、スタンプラリーにみんな燃えていた。
求めた「旧吉原家」はすぐに見つかり、ワヤワヤと人が入り乱れていたの。
あまりに人がいたので、まぁ、今回は写真もすくないです。

気に入った釘隠しだけケータイで撮った。
100424_110407.jpg
桃がかわいい。縁側と式台などの接客部分に使われていた。

100424_112214.jpg
これは内向きの部屋用。
簡易版と話されていたけど、それでもステキだ。

100424_112249.jpg
扇は外向きの部屋用に格式ある場所のみに使用。

この屋敷はね、欄間がめちゃくちゃ凝っているの。
今回はあんまり撮らなかったけど、本当に同じモノはなく、透かしもも美しかった。
天井もちょっと凝っていたかな。
専門用語がわからないから、説明できないのだけど。

ただ、神棚が差し天井になっていたのが気になる。
当初からなのかしら???
私が何度も出かけた「旧戸島邸」も同じ様子だったんだよね。

「旧吉原家」の29代目当主の方と話す機会があった。
って、私がたまたまガラスの事を訊いた人が、当主だったって事なのだが…
いやぁ~世が世なら話すことすらできない人ね。
本人はお若いので、家がめちゃくちゃお金持ちだったことは覚えてないそうですが
おじいさんの代まではすごかったみたい。

敷地があまりに広いので、自分たちの時は、部屋を間借りさせていた、との話だった。
自分たち家族だけではすべての部屋を使うことができないから、
段々痛んでくるから、結果的に他人でも誰かが住んでいたのがよかったらしい。

100424_120306.jpg

敷地内になる、資料館に保存されていた木馬。
代々の当主は、さいしょ、これで馬に乗る練習をしたんだとさ。
愛嬌のある顔がナイス。
ちなみに写真はオッケーだったので、撮っていますよ。

ここで、ほとんど時間を費やし、あとは宿場町をゆっくりテレテレ歩く。
「漆」のお店があって、こちらも代々のお店。
看板がめちゃくちゃかっこ良かった。

その後、宿場町からちょこっと離れた場所のお寺で
えんま様ご開帳の呼び込み(?)が妙齢のご婦人によって行われている。
お接待もあり、どうぞどうぞ、とえんま様の道を笑顔で指示。

100424_123629.jpg

100424_124216.jpg

えんま様像の前に鏡があって、なんか妙に綺麗だから
鏡に写り込まないように、少し横に立ってご挨拶。
ココロが汚れているのだろうか?

お接待は、ご住職と檀家さんが作った餅と抹茶。
これがね、本当に美味しくて、こんな丁寧なご接待、ありがたや、ありがたやだった。
「チーズケーキ」が当たるクジを引いたら、当ててしまった!!
ふつうは絶対にクジが当たる方にいないオレなのに…。

すごく居心地のいいお寺で、よくわからないけど
いい「気」ってのが満ちているんだろうなぁ~、そんな風に思えたのだった。

帰りに、あの呼び込みのお母さんと“チーズケーキ当てました”と話すと
そのお母さんが作ったモノだそうで。
いやはや、ご縁というのはすごいね。
人と話すことで、色々なことが回ってくるんだろうなぁ。

思い立って出かけた旅だったけど、観光案内女子に後押しされてよかった~。
そらは高くて、青くて、深呼吸できた。

20100425-4.gif
お約束ね♪

ちなみに橋は行けずに終わった、ションボリ。

ハンサムモゲより

クイズです!

知らない人の車に乗ったのだ~れだ?

大川市、みんな親切。
ワシ、バカバカバカですみません。


ハンサムモゲより
ムカつく!オレのバカバカバカ!

なぜホリデーアクトパスを忘れるかなぁ?
ちくしょ~~~

空が高い…

ハンサムモゲより
お出かけしま~す。
久しぶりだなぁ。疲れない程度に帰りますよん。
部屋も荒れてるから。
モゲ画なくてゴメンっす。

ってか読んでる人いるのかしら?

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。